社長のひとり言 

美容師のためのケミカル&サイエンス

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

髪が抜けてるんじゃなくて切れてる

ここ1ヶ月、パティエンスではもう少し商品を一般の方に知っていただこうという事で【ペリセアーゼ】のモニタリングをはじめました^^

1回の使用で実感できる【濃厚トリートメント】という事で美容家さんをはじめ、ブロガーさんたちに広く使っていただき、使用感など記事にしていただこうという企画です。
ブログはもちろんの事、@Cosmeなどでも紹介していただければ幸いです。
別にいい事だけ書いてくださいとは申しません(笑)

使い勝手が悪いとか、今後こうして下さい、こんな不都合がありますので改善してください等など。
本音をぶつけていただこうという少し怖い企画です。
そしてまだまだ商品を知らない方に向け紹介していだだこうというものではじめました。

ブロガーの皆様、口コミその他、よろしくお願いいたします。


さて今回はお客様からの質問で、髪が抜けてしまうのだけれど頭皮に良い商品はありませんか?
「頭皮に良い商品ですか?』(笑)

良く聞けば『七人の天使たち』はスキャルプ機能のあるシャンプーですか?と・・・
洗髪時に髪がどんどん抜けてトップがペシャンコになってしまうそうです。

こんな質問から前回少し記事にしたわけです。
何度かやり取りした後に時間を合わせていただけたのでご来店して髪を見せていただいたのですが、抜けているのではありません。
頭皮ケアしてもボリュームは出ませんよ~

頭皮から抜けているのではなくダメージで切れてしまってるの。
写真はこんな感じ!
切れ毛

シャンプー後にシンクの網から拾った髪。
軽く数百本。
洗髪時は髪が濡れるため、余計に膨潤し手櫛でも切れてしまう。

頭皮ケアなどと称してサロンでヘッドスパ?
そんなことして濡れた髪の状態を30分、40分放置してしまったら頭皮はきれいになっても、髪が元気になるどころか膨潤がすすんでどんどん悪化しちゃいますよ~

以前からこのような質問が多くて・・・・
ご本人は抜け毛と思ってるんだけど実はダメージで普段の生活に耐え切れずに断毛している。
本当に多いですよ(^^)

これを読んでくださって納得してくださる方も多いのでは?

ではなぜダメージするのか?
そしてなぜ抜けるのではなく切れてしまうのか?

メーカーの考え方の違い。作る側の考えの違いなのかな?
美容師でも少数派なんですよね、この髪の強さを考えるというのは、悲しいかな^^
こういう考えを持っている美容師ならまずトリートメントでは髪の強度を付けるんだけどね。
実際にサロンで1度の施術で倍近くき強度が増すんだから(笑)
本当に!
データが証明するんだから・・・・

抜け毛というのはその人の髪の長さが同じはず。でも落ちている毛髪は明らかに短い。
そしてこれだけの量が抜けたのであれば根元側には毛嚢、蕾があるんだよね(笑)

だから抜けた毛髪はどちらが毛先で、どちらか根元か判るんです。
でも切れた髪は毛嚢が付いていないから判らない・・・・

ヘアケアで大事な要素のひとつに髪の強度を付けて上げなければいけない。
本当に大事な要素なんです^^
髪の手触り向上?
ツヤ感増加?
ハリコシ?
確かに大事なんだけど、やっぱり僕は髪の強度に尽きると思う^^
ノンシリコンで髪の強度は上がりますか?(笑)

カラーもパーマもそしてセットでコテやアイロンなどは一切しません。
なんて方なら結構です^^
オーガニックでよい香り・・・・・

でも髪が傷んでいるならきちんと自分のヘアケア、選択しないと酷くなるのは目に見えていますよね?

次回はなぜダメージするのか?
なぜ切れてしまうのか?
大まかには原因は2つあると考えていますが紹介していきますね^^

解かりやすいようにイラストや資料を作ります。髪の内部の構造だとか、仕組みについて紹介しますね(^^)

お楽しみに~
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT