社長のひとり言 

美容師のためのケミカル&サイエンス

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デジタルパーマのメリットとは?

既にご存知な方も多いと思いますがエクセルパティエンスは土曜も営業しています。
定休日はというと日曜と月曜。

土曜の15時過ぎにご注文いただいても発送できるのは火曜日になってしまいます。
それは日曜、月曜がお休みだからです(笑)

ほとんど毎週のようになんらかのセミナーとか勉強会とかが日曜、月曜にはいる。あまり水曜、木曜にセミナーしないから^^
そうなると休日出勤ということになる。

最近はその週のうちに代休しちゃうの^^
無理に休んじゃう(笑)
まあほとんど早起きしてゴルフに行っちゃうけど^^

空いてる日でいいや、なんて言ってるとつい休めなくなるし・・・・
会社に出勤して仕事したりって言うのは週3日くらい!
メールなどは外出先からチェックできるのでそれでもいいのかな?

今週は日、月の2日間で1,260kmの移動距離。ひとりで運転だったのでかなり疲れました^^
日程的に取引サロンさんがすぐ近くにあるのに寄ることができない^^
なんかせっかく近くにいるのにって、後味悪っ、気分悪っ!




気分を取り直して根元縮毛矯正、毛先パーマをかける場合どうしたらいいですか?
最善の方法があれば教えてくださいって、良く聞かれます。
つい最近も立て続けに

近所のサロンのHPなど見ると根元矯正、毛先カールってメニューを良く見かけます。そこで、自分なりに考えてみたのですが、社長はどんな風にお客様に薦めたり、提案してますかって^^

また多くのサロンが同時施術の際、毛先のカールはデジタルパーマのようですが、デジタルパーマを進めるメリットはあるのでしょうか。私のところではコールドパーマしかありません。

今はデジタルパーマを取り入れていないのですが、もしも使うとしましたらお薦めの器具などはありますでしょうか。現在は湿熱クリープ理論のみで対応しております。社長のお言葉を聞き考えてみたくなりました。
今の売り上げではすぐには無理ですが、もっとパーマを勉強したいと強く思いました。


メールでお返事して「できればブログのネタにしていい?」って肝心なところをお答えしていないので今日はじっくり話しますね^^
まずそのサロンさんにこう答えました!(引用です)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


さて質問ですが、文章では上手く伝えられないかもしれませんがご勘弁下さい。
また、返信後でも抜けてるところは追加で質問下さい^^

僕は正直根元矯正、毛先ストレートっておススメしてません。
もちろんお店のメニューにもありません^^
なぜかといえば物理的に無理があるからです。

もっと分かりやすく言うとカラーとパーマを同時にする方いますか?
誰もしませんよね、パーマとカラーでの同時の施術はさすがに。

それくらい施術の内容が違うと思います。
それに対象物のダメージも違えば1本の髪であっても同じ還元剤を使って施術できる。そういうことだと思います。もちろん還元剤という薬剤を使って縮毛矯正とパーマをするわけですが・・・・

ただ同日にということであれば話は別です。根元を矯正で伸ばした後、すなわち根元矯正の全工程を終えた後、改めて前処理から毛先にウェーブ施術ということです。
手間がかかってもこうします。
いろんな意味で同時にやろうとすれば必ず失敗します。

もしお客様が他のお店ではというお話になっても、他の店は他の店、なぜできないか納得するまで話してあげます。出来ないのではなくやらないってね^^

やらないこと、なぜやらないかお客様に説明することも僕たち美容師の大事な仕事でもあると思いませんか?




デジタルパーマのメリットはたくさんあります。
コールドでは施術できない毛髪でもデジタルパーマであれば対応できるケースを今までたくさん経験してきました。なぜ良いか?
一言で言えばパーマ理論の良いところがたくさん詰まっているのがデジタルパーマです。

傷ませてしまうのは毛髪理論、薬剤知識がないから失敗するだけで、理屈に当てはめるとこれ以上ない究極のパーマと言えると思います。

メールですとどうしても長くなってしまうので今度ブログで、「こんな質問来たから」とお答えさせていただけますか?

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

デジタルパーマのメリットでも言うのかな?
ちょっと話します。
僕的にはもう5年も6年も前の商品ですが大広のオーディス2。
使い慣れているという事もありますが他の店舗には資生堂のシステムキュールも使っています。

オーディスとシステムキューるの一番の違いは温度設定を自由にできること。
例えばシステムキュールは弱、中、強で温度表示がないでしょ?
だからメーカーとかコネ使って何とか温度聞き出したり。でも結局機械によって同じ弱中強でも温度違いなんかがあって難しい。
一方、オーディスの場合はじめの15分はじっくり熱を当てたいから60℃で15分、その後か髪が乾くか乾かないかって時に5分だけ110℃まで一瞬上げたりできる。これは再結合時のコルテックスの移動なんていう人もいるけど、やりすぎるとダメージきちゃうし、不足しちゃうとデジではなくてホット系になってしまったり難しいところ!
毛髪の変性温度、何を変性させるのか?
この変性がウェーブに左右する^^

なぜ110℃なのか?60℃なのか?

CMCなのかケラチン蛋白なのか?
それによって温度を変えたり出来るわけです。
自分が思ったとおりに操れるというかな^^

先月の渋谷のセミナーに来てくれた美容師さんわかりますよね?


ここで質感が変わり、ウェーブの出方に変化付けられる工程。
簡単にデジタルパーマの考えられるメリット上げると

○還元終了後、シャンプー台で中間水洗できるためオーバータイムの心配がない。また水洗できるため2剤処理を過酸化水素で行ってもダメージさせない(過酸化しない)。そのため非常に仕上がりの手触り感が向上する。

○ホッドロッド加温時に温度調節することによってダメージ毛にも対応。

○薬剤塗布なのでダメージ箇所にピンポイントに塗り分けが可能。コールドの場合には液体で使用するためダメージ箇所に合わせるか?そうでない箇所どちらかに合わせなければならないため薬剤選定しづらい。

○薬剤は主にパミーラを使用するため、テンションを強めにかけることができる。イメージ的には髪を膨潤させずにウェーブを!ダメージしている毛髪にも対応できる。

要するに毛髪の修復を試みる際、熱処理を加えることにより誘導体がより効果的に働いてくれる。
またウェーブを付けるという事においても熱処理を行うことでウェーブを付けたりダレづらく出来たりという事が可能に。
以上のことから究極なんだよって答えたりしています^^

最後に湿熱って事ですがプレゴ使ってるんですよね?
同じ熱でも湿熱と乾熱ではまったく違うパーマになりますよね?
まだタカラからエアーウェーブが出る前にホームセンターに行って8000円くらいだったか布団乾燥機買ってきて滝川でキャップを買い、それを布団乾燥機のホースを刺せるように改造なんかして。乾熱パーマとかやったり^^

蒸気で蒸すパーマと乾熱で乾かしたパーマ、これ思うに髪が乾くか濡れたままか?
乾熱により2剤処理前に乾いているか、濡れているか?
こういう事考えちゃうと結論でなくなりますが・・・・・

たらない部分は次回また書きますね^^

スポンサーサイト

| 未分類 | 12:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。