FC2ブログ

社長のひとり言 

美容師のためのケミカル&サイエンス

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シルクタンパク

先月末からのバタバタ劇もやっと一段落^^

これでやっと落ち着いてブログの更新!
今回はソワキュート、モイストパティエンスを交えてシルクPPTについて自分なりの所見も交えて記事にしたいと思います。

個人的にはシルクをトリートメントの工程に組み込んでいく行為はとても好きで、今は完全になくてはならないもの!
毛髪修復剤ということで、新規原料もいくつか出てきている中でも変るものはないのではないかと思う。
ただ、このシルク処理剤を施術の中で積極的に取り入れていらっしゃる美容師さん、以外に少ないように思う。

処理剤などを出されているメーカーさんでもあまりシルク単体での商品は少ない。大抵は複合的にケラチンと組み合わせたり、他のたんぱく質との組み合わせが多いのだが、それはきっと原料自体がケラチンなどに比べても高価であり、どうしても商品にすると商品自体の価格が上がってしまうからということもいえるのかも知れない。

そういう意味でのソワキュート、希少なのかも知れない。今考えると物を売るだけに固執していて商品の開発をしていたのであればシルク単体での処理剤は、おそらく商品にはなっていなかったのだと、つくづく思う。

ではシルクの誘導体が髪に対してどんな効果があるのか?またシルク自体のことをもう少し詳しく説明していこうと思います。

シルクたんぱくを簡単に説明してしまえばカイコの繭から採取するわけだけど、2本のフィブロイン(繊維状タンパク)が平行に並び、セリシンのゴム状不定形タンパクで覆われている構造。
着物をはじめ、一般に繊維として使用される絹糸はセリシンを除き繊維状のフィブロインで織り込むもの。繭の断面図はこう。

シルク断面

蚕が吐き出す糸で作られ繭糸の約70%はフィブロインという蛋白質から構成されています。残り20?30%がセリシンと呼ばれる水溶性の蛋白質で、フィブロインのまわりを取り囲んでいます。絹織物として繭を利用する場合は、絹独特の光沢や風合いを生み出すために、精練という工程でセリシンの大部分が除かれてフィブロインのみが利用されてきました。セリシンは18種類のアミノ酸で構成され、その中でも重要なうるおい成分であるアミノ酸「セリン」を多く含んでいます。

シルクに纏わる文献などを閲覧すると、パーマやカラーで傷んだ髪に対して修復剤として非常に効果があり、パサツキやごわついた髪に柔軟性を付与するなどというのほとんど。

この夏、シルクについてもう少し詳しく、自分なりに分析しようということで大学の分析室でいろいろ調べてみて新たな発見というか、使い方の工夫によって今までできなかったような施術が可能になるのではないか?また前処理に使用するとパーマやカラー施術において、特に髪の強度減少が著しく優れているというようなことも解ってきています。

シルクというとフィブロインに注目しがちですが、分子量の小さなグリシン、アラニン、セリンが約8割。
これらの分子量の小さなアミノ酸が規則正しく配列されていることからβ構造(シート状構造)をとり、仕上がり感は絹そのもののさらっと感を付与できるのが特徴。
化粧品でいうとこれらのアミノ酸は単体で存在する原料は少なく。1%添加するとこれらのアミノ酸などを19種類明記できるようなものでは中々修復までできないし髪の強度を上げることができない。

今はまだ理由があって核心的なことはかけないんだけど、一般に出回っているシルクタンパクは加水分解して分子量はだいた500?2000くらい。髪に対して最大限の効果を狙うなら最低でも3万くらいの高分子でなければというのが結論なのだけど・・・・・・

まず、たんぱく質の組成表

図1

これらのデータを取るのが高速アミノ酸分析計

            L-8900.jpg

前回話した不安定タンパクとしてパーマやカラーで抜け出すアミノ酸はこのように数値化する。

amino-bunseki.jpg


試料のカラムが違うためGABA(γーアミノ酪酸)まで出てしまってるけど、このデータでパーマ、カラーでどんなアミノ酸が壊れていくのか?

面白いのは減少していくアミノ酸がわかる、そして前処理で施し施術した髪をもう一度測定してみる。
そうすると数値に明らかに差が出るの。面白いように!
それで改めて強度を測定してみる^^

ドーン!
施術後の強度が落ちない^^


書きたいことかけないので自分でも消化不良を起してしまってるけど・・・・・

今、メチャクチャこの分析器が欲しい^^
これ1台あれば今までわからなかったことが色々と解ってくるのだと・・・・
1台2000万円だって!

また夢を持ってしまった。
大瀧研究センターにこの器械が届くことに!

っていうことでパティエンスの本社及び研究センターを現在物件を物色中で、今週末にも不動産屋さんに案内してもらう予定でいます。
今月中には移転ができるよう頑張ってみようっと!

スポンサーサイト

| 日記 | 17:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。