FC2ブログ

社長のひとり言 

美容師のためのケミカル&サイエンス

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

システアミンは疎水性?

「社長、これどう思います?」
お店のスタッフやお取引先のサロンさんへ伺ったときに良く聞かれる。

色々なところで色々な考えがあっても良いと思うのだけど・・・・・

「システアミンってpH8以下になると特性が変わるって本当ですか?」
聞くと。システアミンは疎水性の還元剤だから中性域まで落としてしまうとチオやシスと同じ様な還元剤になってしまうという。

「?????」

つい数日前もマル〇ルの還元についてという記事も読ませてもらったけどちょっと違うのではないかと思いブログを書いてます。
前々から話には聞いていたんだけど進んで見る気にもならなかったし、なぜ今になってW還元とかって話題なのだろう?

悔しいから書いてしまうけど、K?dashではもう4年も前からお客様に髪質改善還元トリートメントと称してメニュー化してて、価格もトリートメントとしては高価の¥9,800にもかかわらずリピート率は抜群。
合わせてカラー施術の前、縮毛矯正の前に施術するメリットだったり、還元剤なんだけど髪をカールするだけに使う薬剤ではなく、浸透促進効果や髪の柔軟性を付与できる優れもの、なんてセミナーでも盛んに話してきたこと。

ずっと前、システアミンって事でブログにも記事にしたと思うけど、システアミンの使い方に関してスタッフが信じきれてないの(笑)
みんな面食らった顔してた。

そんなスタッフがひとり、またひとりと実際やってみて虜になって
「社長の言ってたことやっとわかりました!」

自分自身もシステアミンについては本当に一から理解していって、そして誰よりもその特性について理解しているつもりだし。パティエンスで商品にしていることもあって、やはりあいまいにしてはいけないのではないか?

パティエンスでもパミーラCAを発売している以上、やはり自分なりの見解ははっきりさせておいたほうが良いのではないか?
ということで記事にしています。

毛髪内のオルトコルテックスとパラコルテックス、随分といろいろなところで耳に入ってくる。
縮毛矯正で言うなら、ほとんどのクセ毛はほぼ断面は楕円形。それに対して直毛はキレイな円形をしている。
これはコルテックスを構成するたんぱく質の一つであるオルトコルテックスと他の一つであるパラコルテックスとを均一になってなく、オルトコルテックスの特性として柔らかく親水性があり膨潤し易く、パラコルテックスはこれより硬く疎水性で膨潤し難い。クセ毛では髪の毛のねじれの内側にパラコルテックスの多くが偏って存在し、一方で外側にオルトコルテックスの多くが偏って存在している。
システアミンの還元作用によってオルトコルテックスの結合を強めさせる一方で、アルカリ性であることからパラコルテックスの結合は緩められ、これによって、髪の毛の断面を徐々に円形に近づけてそのねじれを解消することができる。

美容師の間でもパーマで緩ませるS?S結合はオルトとパラに限られている、みたいな言い方されていて納得できない部分もあるから。
厳密に言えばマトリックスとミクロフィブリル間、ミクロフィブリル、マクロフィブリル間とマトリックス間。そのほかにもダイマー、テトラマーなど中間フィラメントにもジスフィルドバウンドは存在していると言われている。

また最近の見解では毛皮質(コルテックス内)にパーマのかけられるジスフィルドバウンドは23.1%なのに対してエピ、エキゾのキューティクル内のジスフィルドバウンドは19.1%も存在するという説も度外視はできないと思う。

これすべて立証されてないこと。仮説に過ぎない。でも段々にわかってきてるのは確かだし、昭和〇工さんもスピ〇ラ不調ということで、今までの概念ではない新たな還元剤を発売しようとしてるみたいだし。機会があったら今度記事にします!
pHは3?8、好ましくは5?6.5の新規還元剤。それでいてスピエラと違うところはギルビー法のウェーブ効率80%超えと臭気の改善。

ウェーブ効率(%)=100?[100×(B?A)]÷(C?A)
A:キルビー器具の1番目と6番目の棒の間隔(棒の中心点を実測)
B:カールした毛髪の5山分の長さ
C:カールした毛髪を直線に伸ばした時の5山分の長さ

そのメカニズムは、システアミンは他の還元剤に比べ基本骨格の炭素の鎖が長いといわれている。そのシステアミンよりも炭素鎖の長いプロパンチオール。中?酸性域でもキューティクル内へ浸透しやすくなり、還元剤として機能を発揮するというもの。

僕もお遊びで最近はまってます。新しい還元剤づくり。おかげで手に薬品がかかり火傷してしまった^^

20090619211639.jpg

3日くらいメチャクチャ痛かった^^

ハロゲン化物で新規還元剤を作っていく。
これ本気で取り組んじゃったらすごいプロジェクトになってしまうでしょ?

だから僕の場合はお遊び(笑)
でもチオでもシスでも、システアミンでもない新しい還元剤。中性?酸性域でウェーブ力もそこそこある。実際に髪に塗布するに当たってはほとんどアルカリ剤を要さない。pH調整剤として添加しても少量のクエン酸NaやアルギニンでちょこっとだけpH上げてあげる程度。まして臭気もほとんどない^^

そうハロゲン化物。元素の周期表の17族の化合物。この17族はフッ素(F)・塩素(CI)・ヨウ素(I)・臭素(Br)・アスタキン(At)などで理科の実験用に売られてるもの。これを水硫化ナトリウムなど反応させて塩を形成させていってえられる還元剤。市販のハロゲン化物のハロゲン原子をメルカプト基で置換するわけ。

ここまでやってしまうと自分でも怖くなってしまう。ただの美容師でしょ?
自分の仕事はこういうことではないのはわかっているからお遊び。

でも特許の文献書いて製造過程までできればビジネスになるのにね?
「スポンサー募集!」 (笑)


話それてしまったけど、システアミンは疎水性だから疎水部分にしか効かないのではなく、またはチオやシスは親水性だからクセにより硬くなったパラコルテックスに対して作用しないなどとはっきりと断言してしまうなどはいかがなものか?

ましてpH8を堺に親水性に変化する?
逆にお教えいただきたい。何の根拠を持って変化するのか?pHというのは水素イオンの濃度。pH3とpH9を比べるのであればわかるけど中性域のシステアミンがpHの変化によって骨格まで変わるとは到底思えない^^

ただアルカリにより還元剤であるシステアミンの還元作用を考えるとチオなどの還元剤ではクセ毛の硬いパラコルテックスを緩ませることはできない。しかしシステアミンはその炭素鎖の長さゆえ、アルカリにより緩ませた硬い部分に作用する。いい方をかえれば、中性域のすなわちアルカリのないしステアミンでは硬くなったパラコルテックスに反応しきれないというならまだわかるけど^^


実際のところわからない。
毛髪の断面を4万倍のSEM観察したとしてもパラ。オルトの区別つかないでしょ?クロマトグラフで色分けしてボヤーンとわかる程度ではないのかな?
実験の仕方とか分からないし、僕には^^

なのに能書き書いて申しわけありません^^

ところで疎水性ってどんなことして調べるのかね?
アミノ酸ならアミノ酸スコアにより数値がたかければ疎水が強いと言えるけど、クロマトグラフィあたりなのかな、調べる方法としては?

でも数値というよりも、ボヤーンとしかわからないと思うけど・・・・・


なんか最近拍手付けてみたんだけどあっという間に数が増えてる^^
ブログの人気の目安になる、ということだったけど今回の40っていうのは多いのか、少ないのか?

拍手の数40、いや50クリアしたら次の記事を書く目安にしようか?
3ヶ月くらい更新できなかったりして、拍手少なくて(笑)

Hさん^^

拍手&コメントありがとうございます。どう返事してよいやらブログで失礼します。
せっかくシャンプー記事を楽しみにしてくださったのに申し訳ない^^
シャンプーについては次回ということで!

良かったら個別にメールくれませんか?
やはりブログ上でやり取りって好ましくないですもんね?

ディーラーさんなんですね?
商品お取り扱い頂くっていうことではなく気軽にメールなどいただけたら嬉しく思います。

各地のディーラーさんもブログ読んでいただいているっていうのもわかっていて、非公開などでコメントもたくさん頂いていて本当に嬉しく思います。

今はまだパティエンスも小さな会社ですし体制が整っていなく各地のディーラーさまに営業としてお声をかけさせていただく事はできません。
でもね、ふと思ったんですけど、商品云々ではなくてね、セミナーなんかを企画してくださればもっと幅が出るのかなぁって感じてて^^

最近サロンさんでも、面白いセミナーがなかなか無いって聞くし、みんなマンネリしちゃってるのかな?商品のアピールではなくて、原料に対する特性や特徴、パーマ薬剤の特徴、特性など美容師さんの前でお話させていただくと普段のサロンワークにぐっと幅がでたりします^^

ではお待ちしていマース!

スポンサーサイト

| 日記 | 13:14 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

同感です

| | 2011/03/07 16:42 | URL |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。