FC2ブログ

社長のひとり言 

美容師のためのケミカル&サイエンス

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

育毛成分「ピディオキシジル」はミノキシジル誘導体

やっと冬が終わったのかな?
朝、犬の散歩に行くと季節の移り変わりが良くわかります^^

桜はあと1週間くらいかな?
暖かくなるとなんだか気持ちも前向きになり、仕事も捗りますよね~

ここ最近は毛髪というよりもスキャルプ関係に記事が多くなってしまっていますが、実はきれいな髪を手に入れるにはシャンプー、トリートメントだけではかなり無理があります。ヘアケアという言葉はアバウトで曖昧なところがあり、毎日のお手入れというとどうしても毛髪だけにフォーカスされがち。

人間の髪の毛の数はざっと10万本と言われていて、その1本一本に成長期、退行期、休止期というサイクルがあります。
ほとんどの毛髪が成長期ならばそれこそふさふさな髪、逆に髪が寂しくなると休止期が長くなってしまう現象が起きてしまいます。

何も悩みのない方の例でいえば成長期は大体6年から8年あるといわれているのが最新の理論で、その10%が退行期に当たり、期間的には14日~20日間、徐々に毛細胞は休む準備を始めます。

そして髪が抜け落ちる休止期。まったく抜けないで残る場合もあり、これはキューティクルと深く関連していることが分かっています。キューティクルのチョウツガイが毛根に引っかかるという説が有力化と思いますが、加齢など何らかの原因でキューティクルのチョウツガイの形成不全により脱毛する。先日、東京医科歯科大の研究発表した抜け毛のメカニズムとはまさしくこのことで17型のコラーゲンがこのキューティクルの形成に大きく関与しているというもの。

17型のコラーゲンってなんだかわからないのにね^^
医薬品としても、期待なんて言っていましたが、実際には2型のコラーゲンくらいしかわかってないんだから、どんだけ先の話してるんだろう(笑)


ってことで今後はこのブログで発毛剤の原料についていろいろ書いていきます。
まず今日は【ピディオキシジル】について簡単に説明します。

各種存在する医薬品の育毛成分の中で、極めて効果が高いと各機関で評価される【ミノキシジル】はもともと高血圧の経口薬として開発されたもの。細胞弛緩による血管拡張で血流を促進させ、酸素や栄養素を毛乳頭細胞や毛母細胞に積極的に運搬、細胞の産生促進が行われるというもので休止期に入っている毛包組織に対する刺激効果も確認されている医薬品。

そうです。皆さまご存知のリアップ。当初大正製薬は1%で発売したがその後5%のX5を発売。
育毛作用としては

●脱毛の遅延効果
●毛包サイクルの刺激を与え細胞を活性化
●血管拡張によって毛包組織への血流促進

ミノキシジルは医薬品なんだけどこのピディオキシジルは化粧品です。
ですがマウスなどを使った各種発毛実験においてまったく同様の効果を示す育毛成分。

            image2.jpg

形状はこんな感じの水には溶けない怪しい粉(笑)

        image1.jpg

この構造を見てもらえればわかると思いますが6員環構造の医薬品ミノキシジルに対し、5員環構造のピディオキシジル。
効果的にはほとんど変わらないとされ、ミノキシジルは6員環なため副作用が懸念されるが、誘導体として5員環にしたピディオキシジルは副作用の心配もほとんどないとされるミノキシジル誘導体。

化粧品表示名称はピロリジニルジアミノピリミジンオキシド。

ちなみに前回紹介したガン治療による脱毛予防には逆効果だ、との報告も。
抗がん剤は血管に注入するため毛根、頭皮の血流を挙げてしまうと抗がん剤の周りも早くなってしまい、余計に脱毛を促進してしまいます。

発毛、させると脱毛の予防は全く逆の現象ということを最後に書いておきます^^
次回は成長因子であるANAGELINEについてご紹介しますね^^

| 育毛剤 | 12:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

育毛剤を考える

育毛剤、養毛剤、発毛剤、世の中にはこの類の製品は腐るほどある。
でも無くなってしまった、またはなくなりかけた毛髪を、というよりもこの場合には髪ではなくて毛根にある毛包をもう一度、活性化させるものではないかなと、発毛とはそういうことなのではって再認識した次第です(^^)


この3年くらいの論文や各企業の研究発表をはじめ、医薬品としての効能等、臨床などのデータなども特別入手できたわけだけど、まず方向性を決めるのに迷ってしまった。

なぜかというと『薬用育毛シャンプー』と銘打ち医薬部外品としての育毛シャンプー。
何度も言うが、こんなものを使ってもまず発毛、育毛はしない。
それどころかメーカーが2度洗いを推奨してしまっては益々頭皮環境を悪化させてしまう。


もっと言ってしまえば、育毛剤の効かない環境下で3万円、5万円の育毛剤を使ってもまったく無駄になってしまう。
それに成長因子(GF)高配合などとスプレーでシャンプー後の頭皮に直接つけるトニックの類のものもまた然り。

薄毛の特徴はなんと言っても弱った頭皮。これに尽きるのでは。

現在はAGAとして育毛医療として確立した感もあるが、これとて毎月5万円の出費も否めなく、また男性機能などの副作用の心配もあり30台、40代では中々踏み切れないし女性の薄毛の治療ができないのが現実。

またテレビコマーシャルでおなじみの育毛サロン、一説によれば月に数十万の費用が掛かる。効き目がないから1か月でやめればよいかというと、6か月からひどいケースで2年分をローンで前払いにて支払わせる。

効果がないと気づいてもそりゃサロンに通うでしょ?
っていうか『来てください、来てください』って20代の女性カウンセラーにメールやLINEで言われれば鼻の下は伸びてしまう。

でなきゃ、あれだけのコマーシャルはまず、打てない(笑)
質問しても満足に答えられないスタッフがほとんどで、何か言えば「よくなっている」からと、実は未経験に近いパート従業員がほとんどで、マニュアルにあることしか答えられないのではお客様は可哀想すぎますよね。

本人が発毛していないと言えば、サロンは「うぶ毛」が生えてきてるから「発毛してるよ」と言う。
本当に発毛サロンに通って満足した方はどれくらいいるんでしょうね?

そう考えた時にこりゃ、やるしかないって(笑)


まあ、『社長のひとり言』はこれくらいにしてまじめなお話します。



発毛、育毛を考えたとき大きく分けてしまうと3つになるのだと思う。

1、医薬品も含め薬用の育毛剤や養毛トニック。
2、発毛サロンなどでの相談や施術。
3、AGA治療や美容クリニックで行う成長因子などを直接頭皮に注入する方法。

そこで費用など調べてみました。何もひいきにしていませんからね~(笑)

価格的には1は月に数千円から高くても2万くらいかな?

2、は5万円~高くて20万ってところでしょうか?AGA治療も月に5万くらいで約12カ月必要。
一番高いのはやはり美容整形での直接頭皮に成長因子などを注射し発毛を即すもの。1回10万、月2回でだいたい8カ月から12カ月は期間を要するということ。
言い方悪いですが、ハゲ治療に年間200万円かけてる人が、実際いるんだから正直びっくり!


さらにあげるとしたら、もう一つの脱毛としてガンなどの放射線治療に対する副作用による抜け毛。

本当のことを言うと、こちらにも対応させるような製品はできないか?
本気で考えて悩んで出した結論、それは。
「発毛と放射線による脱毛予防を併せ持つ製品はできない』ということなんだよね、残念ながら。


実際に30名程度しか臨床できていないんだけど、放射線治療をする3日程度前から1日3回、卵白から得られるアルブミンというタンパク質を含んだ育毛剤を塗布する。そうすると3割の患者の髪が抜け落ちづにそのまま髪が残る脱毛予防としての育毛剤。放射線による脱毛が従来の半分程度に収まる患者を含めると、7割の患者に効果が出る。

しかし治療後に抜けてしまった髪に使っても、全く発毛しないっていうデータもあるんだけどね^^
あくまでも予防としての育毛剤。
抜けてしまった髪には、やはり育毛剤のほうが効くのかもしれません。

通常であれば、ぽぼ10割抜け落ちてしまうはずが3割程度に治まる。これはすごいことだよね^^

放射線で抜け落ちる脱毛のメカニズムは加齢による脱毛や、男性型との脱毛のメカニズムも発毛のメカニズムも違いがあってどうしても真逆の理論が展開してしまう。


一般に加齢とともに起きる男性型の脱毛の発毛と、放射線治療時に抜毛予防として用いる育毛剤の相違点は?
次回ブログでご紹介しますね~

| 未分類 | 19:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

発毛剤、育毛剤、養毛剤の違い?

だいぶ暖かくなりましたね?
寒い冬の間、何とか耐え凌いでこの時期を迎えると毎年ながら希望というか、やる気が出てくるのは私だけでしょうか(笑)

今年に入ってこの3年くらいの論文や各機関の研究発表など、発毛や育毛について帝○大学での授業を通して、また紹介していただいた処方方法や皮膚科の先生方の勉強会などに参加させていただいたことを少しブログで紹介していきたいと思います。

IMG_0004.jpg IMG_0003.jpg IMG_0001.jpg  IMG_0002.jpg

発毛剤、育毛剤のベース造りに化粧水ベースでどんな形状にしようか?

         IMG_1470.jpg

防腐剤には発毛の邪魔になる懸念はないのか?
など良い勉強をさせていただけたのではないかと思っています。


もう「薬用育毛シャンプー」とか、医薬品である「リ○ップX5」で発毛なんて誰も興味がないんじゃないでしょうかね?
まず発毛してこないでしょ?

「薬用」  この言葉もほんとに罪です(笑)

抗炎症剤配合、登録申請に医薬部外品として数万円の手数料を支払い待つこと6か月、ただのトニックでしょ(笑)
柑橘系のエキス配合、発毛に良い植物エキス配合で(笑)

髪のボリュームすら取り戻せないんじゃガッカリする。

他社の製品を非難しんたり、良くないって言ってるわけじゃなくてね、医薬部外品だからとただ育毛剤を付けただけでは無駄な行為になってしまうということ。

シャンプーから、しっかりとした使い方をすればお医者さんに行って高いお金を出してAGA治療する3倍は発毛の効果があると。しっかりとしたデータまであるの知ってましたか?


そう言えばつい最近分かったんだけど、同じゴルフクラブのメンバーでもう10年近く付き合いをしてる人なんだけどこのAGA治療で服用するプロペシアっていう飲み薬を発売しているMSDという会社ににもう30年近く勤務しているんだって(笑)
毎月1度は必ず会うゴルフ仲間。MSDの社員ってわかってから、会うたび色々探り入れてる自分がいます(^^)

患者からのトラブルやクレームはやっぱり相当あるって(笑)

このブログで育毛、いや本当の意味での発毛について今後も成分などについて詳しく書いていきますね^^
主にはグロースファクターと言われる成長因子や幹細胞系の原料などの一般公開されていないデータなどご紹介できる範囲で書いていきます」

お楽しみに~



| 未分類 | 11:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |