社長のひとり言 

美容師のためのケミカル&サイエンス

≫ EDIT

07/04のツイートまとめ

Excel_Patience

アメブロを更新しました。 『パティエンスバッファ酸リンスの役割』 https://t.co/B80hbXcsIT
07-04 17:28

スポンサーサイト

| 未分類 | 04:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

04/28のツイートまとめ

Excel_Patience

【ゴールデンウィーク限定プレゼントキャンペーン開催!】開催期間:2017年4月29日(土)~5月14日(日)▼キャンペーン特設ページはこちら▼⇒https://t.co/Uq3sCf4smf#クーポン… https://t.co/YHPR0JtWKL
04-28 21:55

【 ゴールデンウィーク休業期間のお知らせ 】期間:2017年5月3日 (水) ~ 2017年5月7日 (日)誠に勝手ながら上記期間は店休日となります。休業期間内もご注文は承っておりますのでよろしくお願いいたします。⇒… https://t.co/PmeOsWBYeD
04-28 21:33

| 未分類 | 04:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

04/27のツイートまとめ

Excel_Patience

【 ゴールデンウィーク休業期間のお知らせ 】期間:2017年5月3日 (水) ~ 2017年5月7日 (日)誠に勝手ながら上記期間は店休日となります。休業期間内もご注文は承っておりますのでよろしくお願いいたします。⇒… https://t.co/fHxblq9TR8
04-27 19:29

| 未分類 | 04:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一番自分が疎か

大変なことになってしまいました(^^)

バンコクでどのように縮毛矯正を展開していくのか?
タイ人の美容師にどうレクチャーしたらよいのか?
などと考えているとLineが・・・・・


昨日サロンさんに納品させていただいたシャンプー。
ポンプから中身が出てこない(笑)

本当に笑い事じゃなくて・・・・・
それも山野短期大学で製造実習のきっかけを作ってくださった先生のサロンが、僕のことを信用してくださって作っていただいたにもかかわらず、

ほんとうに何やってんだろ

今回、ヘマチンのシャンプーを作ったのですが、ヘマチンって本当に独特で、ただ混ぜればよいかっていうと、そうでもなくて。
他社から出ているシャンプー、お気づきの方もいると思いますが

シャバシャバしてるでしょ?

特に容器に入れた際、向こう側が透けて見えないくらいにヘマチン濃度高めのシャンプーで粘度を出していくには技術的なもの。

そう難しいの・・・・・
だからみなヘマチン入りのシャンプーは手のひらに取ったとき指の付け根からこぼれてしまうくらい
”シャバシャバ”

ヘマチンは血液由来で人間もそうだけど豚や動物の体内のpHが関係してきます。
シャンプーで言えば、本当は等電点に限りなく近くして、最近では界面活性剤も弱酸性でも泡立ちを損なわない原料も多く、pH4.5とか5くらいでも十分な泡立ちを保てるのですが、そこにグロスフィリンを入れてしまうとまず形状が壊れてしまって、黒から茶色の変色(笑)

そういう自分だっても何度失敗したことか。

そこから本体の温度やもちろんpHだったり、HECやCMCなどの余計な増粘剤を入れなくても粘度を出す方法が解っちゃったもんだから、少し調子こいちゃったのも反省しています(笑)

本当に高濃度のヘマチン入りのシャンプーで増粘剤なしで粘度のあるシャンプー、他の会社じゃ作れないでしょ?
”そんな技術、ないでしょ?”
なんていっていた自分が愚かに思える。

問題のポンプがこれ

IMG_1307.jpg

デザインは良いんだけど1cc吐出を忘れていました^^
粘度がありすぎて一度プッシュするとそのまま戻ってこないの(笑)

これって商品にならないでしょ?


IMG_1305.jpg

なかみが良すぎちゃって

出ない(笑)

今工場の手配が終わり再び作り直し(笑)
ボトルやポンプ、ラベルもOK!
でもこの出てこないシャンプーはやはり捨てるのはもったいないなぁ^^

再利用の方法考えないとな~
今回の製品は丸々の損になってしまったけど、良い勉強になりました^^

今日は夜遅くまで頑張ります(泣)

| 商品説明 | 12:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

03/24のツイートまとめ

Excel_Patience

■ペリセアーゼ チューブタイプ販売再開のお知らせ大変お待たせいたしました!エクセルパティエンスで人気の「ペリセアーゼチューブタイプ」が更にお得に増量して販売再開いたします!この機会に是非またお求め下さい!⇒… https://t.co/bCvI2fZ9Dc
03-24 20:46

| 未分類 | 04:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

03/21のツイートまとめ

Excel_Patience

アメブロを更新しました。 『カルシウムとパーマ剤』 #カルシウムイオン #グリコール酸https://t.co/IVU3jXU8FP
03-21 12:48

| 未分類 | 04:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

03/17のツイートまとめ

Excel_Patience

アメブロを更新しました。 『パーマ原料の出荷量の推移』 #パーマ離れ #パーマ剤https://t.co/JQ9GAU1Hes
03-17 18:46

| 未分類 | 04:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

美容師は説明しても理解できないから(怒)

前回の記事で美容師さんからも反響があって。
意外といえば以外なんだけど、別に恐怖を煽ってどうこうってつもりはありません(笑)

脱毛ムース

若い美容師さんたちの間でパーマ離れが起きていて、それに纏わる関係者の悲痛な声も僕には届きます。
 
「社長、何とかならないですかねぇ」

どうにもならないでしょ(笑)
昔ながらの習慣変えていくしかないんだと思う。

メーカーは売ろうとするだけでなぜ必要なのか?
どういう事が起きているのか?

まず、美容師さんにそこから理解してもらわないと。

昔ながらの習慣とは?
1950年代に第一次パーマブーム。

これが後に空前のソバージュブームまで40年間続くわけなんだけど、山野愛子さんでおなじみの電熱パーマ。頭からコードがいっぱいのあれ(笑)


当時美容室経営は女性の仕事とされ、50代、60代の女性オーナー全盛の時代。

後に時短の意味も含めて美容業界に2欲式のパーマ液が誕生する。


パーマの工程は1剤(還元剤という)を塗布しながら軟化させて髪を自由に加工できる状態に。ロットに巻き付けられた髪はやがて酸化されて形状を変化させる。

軟化の見極めから、pHコントロール、還元剤の除去(中間水洗)臭素酸塩を有効に作用させるための酸処理などなど。


ここで問題だったのは
「なぜ?」
が抜けてしまったこと。

昔、僕がこの業界に入ったときによく聞かされていた言葉。

「美容師は理解力がないから、説明するだけ無駄でしょ」と(笑)

僕も美容師だから最初、何ぃ?
って思ったんだけど。

でも妙に納得できたことでもある。

当時、おばちゃん先生って全盛な時があって。
すみません。怒られちゃうかもしれませんが^^

女性は特に化学とか理屈が飲み込みにくいと。

そこでメーカーの人間たちは考えた挙句、使い方の工程をマニュアル化して徹底的に覚え込ませようとしたんですね。



例えば1剤塗布後、カールチェックは美容師であればだれでもわかるだろう。
その後完全に還元剤を取り除かせるためにスポイト3回分の中間水洗を徹底。
還元剤が残ってしまうと、2剤が働かない。

また当時はブロム酸が最も安全な酸化剤として発売されていたわけだけど、ブロム酸は酸性に振らないと酸素を放出できないことから、酸リンスで処理。

酸素3つの分子を持つブロム酸(NaBrO3)の使用方法として毛髪内にある水素の分子を奪うためにどうしても3分~5分の中和時間が必要。

そして5分放置を2度繰り返させる。

「そうだ、この工程を徹底させよう」

これが当時関係者の答えだったと、良く聞かされた(笑)


4月からお世話になる山野美容芸術短期大学でも、授業をどんな内容にするのか?
先日担当の教授とお話しさせていただいた際にも、
「普段美容師があまり知りえない裏話をどんどんしてほしい」
「シャンプーやトリートメントをバケガクという観点で面白い実験を目の前で見せてほしい」

この2つに強い要望をいただいて。

;例えば1000円でドラッグストアなどで販売されているシャンプーの流通経路や、1000円で販売するためには中身であるシャンプー自体の原価はいくらなのか?

誰が一番おいしい思いをして利益を上げているのか?

暴露しちゃおうと思います(笑)


美容師さんに足りないもの。
それはやはり
「なぜ?」
なんだと思うな^^

 

| ケミカル&サイエンス | 12:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

03/13のツイートまとめ

Excel_Patience

アメブロを更新しました。 『脱毛ムース』 #カルシウムイオン #毛髪https://t.co/5DzNuOIQIk
03-13 11:52

| 未分類 | 04:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

03/07のツイートまとめ

Excel_Patience

アメブロを更新しました。 『髪に大敵、カルシウムイオン』 #カルシウムイオン #水道水https://t.co/SeR4JvOPWK
03-07 11:34

| 未分類 | 04:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

02/21のツイートまとめ

Excel_Patience

アメブロを更新しました。 『手触り悪化の原因』 https://t.co/k0ZPIlnofb
02-21 11:12

| 未分類 | 04:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

縮毛矯正で施術中に感じる事(2)

毎日寒い日が続いています。
毎朝、ワンコの散歩が僕の日課ですが、昨日、今日はいくらか寒さも緩んでいる気がします・・・・・・

IMG_0288.jpg

このまま春が来れば良いのですがそうはいきませんよね?
あと1か月かなぁ、暖かくなるまで^^

さて今回は前々回の続きで「縮毛矯正の時に感じる事(2)」

塗布が終わり薬剤もうまく塗れて、いい感じに軟化。
でももう少し攻めてみようかな?

なんて事よく考えます^^
軟化が甘くて高温のアイロンで強く伸ばす。
これが傷ませてしまう原因でもあるし。

そんな時・・・・・・・

あ~、やっちゃった!

IMG_1155.jpg

こんな感じでしょうかね?

さあ、どうしましょう?
こんな事って日常のサロンワークの中で絶対的に起こり得る事でもあるのでは?

美容師としてあなたが取る行動によっては、お客様の信頼関係にも影響してくるわけだし、お客様はキレイになりたくてお店に来てくれている訳だし、当然ながら焦ってしまうのではないかと思います。

一番いけない行為はこの髪を無理に伸ばしてしまう事。
ランチオニン特有の乾かないネチョッとした髪を長時間ブローで痛めつけ、その上180℃、200℃のアイロンで潰すように伸ばしてしまっては極端な強度低下を起こしてしまう。


このような事態になったときに対策はいくつかあると思うけど、僕の場合は優先順位はやはりPPTをどれだけ有効に使えるか?
これしかないと思います。
やはり誰が何といってもタンパク質しかない^^

断言できると思います。特にランチオニンによって再結合が出来なかったり、側鎖自体が欠落してしまっていて水素結合が髪が濡れて緩めば繊維ではなくゴムになってしまうのだから。


百歩譲ってシャンプー、トリートメントで、それも洗浄剤だけで何も添加されていないから良いとされるシャンプーで、どうやって回復させていくのか?

そこが知りたい!(笑)

世の中にはまだまだ知らない原料がたくさんあります^^
枝毛をどうして治せるのか?

なぜ傷んだ髪にツヤが取り戻せるのか?
偶然サロンさんからの依頼で髪のローション?乳液かな?いわゆるエマルション。
試作を作って実際にお客様に使ったり臨床取っていますが、凄いです(笑)

通販を通して、一般のお客様とやり取りさせていただき、それなりに評価いただいている天使の涙ですが、オイルがどうしても合わないってお客様もたくさんいるのもまた事実v

クリームというか乳液に近くアウトバスでも、インバスでも使えます。
IMG_1185.jpg

ちょっと黄色みがかっているのは新規で試しているOJONオイル。直接髪の修復には関係ありませんが抗酸化力が強くて、アスタキサンチンのような感じを受けています。

手に取るとこんな感じの乳液で髪によくなじみます。

アイロン前にこれを毛先にたっぷりと付けてから150℃のアイロンで軽くスルーすると・・・・・・・

あら、不思議

IMG_1162.jpg


原料自体の効果効能はまた次回に!


| ケミカル&サイエンス | 10:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トリートメント、コンディショナーの定番

トリートメントやコンディショナーの定番と言えるかわかりませんが市販されているトリートのほぼ100%は弱酸性にするという事。
弱酸性といっても様々ですが、酸性といっても強ではなく弱なのでpH4くらいから中性のpH7に調整しているという事です。


トリートメントの対象物とはズバリ

”傷んだ髪”

現代社会における傷んだ髪とは、半分以上の確率でカラーリングによるものだと思います。
パーマやストレートなども含め様々な要因が重なって傷んでしまう。

それも施術後すぐではなく、じわじわと普段の生活で傷みが進行してしまう。


今日はなぜこんな題名なのかというと、普段あまりペーハーのことなど考えることはないのでは?
ところが髪にペーハー値というのは非常に大事な要素でもあるので、美容師として常に考えていたい事項でもあります。


例えば、健康な髪や子供、幼児のきれいなつやのある髪のペーハー値を計測して中性に近い、という事は100%ないからです。
髪表面の18MEAは立派な酸であり、外部からアルカリ様の石鹸や海水などに晒されても、18MEA自体がそれらを中和することができるわけです。

ところが18MEAはアルカリ度の多いパーマ液やカラー剤には弱く髪表面と繋がっているチオエステルが外れてしまい欠落してしまう。これが髪を衰弱させる原因でもあります。

また髪のタンパク質の配列からしても、中性域を超えたあたりで緩んでくる、という特性があるために隙間が発生します。
これがダメージホールとかボイドと言われるもの。

ボイドは穴、という認識よりもタンパク質同士の隙間という考え方が正しく、だから巷ではたんぱく質の流失などと言われているんですね(笑)

書きたいことをそのまま書いてしまうので少しそれてしまいましたが、縮毛矯正の事、1剤お流し後のハレーションを抑える方法は次回という事で(笑)

商品の購入はこちら


サロン様からのお問合せ

自社ブランドを作りたいサロン様

| ケミカル&サイエンス | 11:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

縮毛矯正で施術中に感じる事(1)

先日、久々に少し難しいくせ毛の方の縮毛矯正に立ち会わせていただきました。

もちろん、還元剤から処理剤、アフターのトリートメントまですべてエクセルパティエンスの業務用の製品で行う縮毛矯正です。

まず注意することは髪の観察から始めます。
大体3か所に分けて見ていきますが、薬剤は大雑把に2種類つくり、根元は例外なくチオグリコール酸である「一撃」塗布。そして中間から毛先部分はオーバーラップさせながら調節していくのが一般的かな。

そこで注意する事は、一撃をどこまで使うのか?
まずよっぽどのバージン毛でなければ一撃を毛先には使いません。

多少のカラー履歴であれば一撃を減力してpHも落としながら塗布する場合もありますが、カラーと縮毛履歴両方ある髪には基本的にはチオグリコール酸は使いません。

それでなくても根元部分に一撃を使っているためにダメージしている毛先部分は傷んだ髪の構造上、圧力がかかり塗布していない毛先まで余計にいきわたってしまう恐れもあるから。良く僕らはこれを浸透圧なんて言ったりしますが、薬剤を2種類、3種類作ってもこういったことを考えていないと失敗する確率が”グン”と上がってしまう。

どういうことかというと、要は薬剤を髪に反応させる際、健康な根元部分から徐々に傷みが毛先まであるのが普通で、当然ながらワンタッチで塗布はできないのは承知の通り。しかし矯正が上手くいかない理由の一つとして、薬剤を調整しただけではきれいには仕上がらないという事。


口で言ったり、言葉にしたりって非常に難しいのだけれど不思議と髪のこと、薬剤の特性などわかってくれば、やっぱり上手くいく、というのが持論なんだけど。均等に反応させていくには薬だけの調整では無理もある。逆に減力しすぎて均一にならなかったり、軟化していない最悪の結果になったり(笑)

上手くいく、というのは1本の髪の根元から毛先まで均等に反応させられれば良いのだけど、それがまた難しいから面白いんだけどね^^

薬剤を調整して、オーバーラップしながら塗り分けてでも軟化ががうまくいかない^^

ただ闇雲に怖がってしまって軟化せず薬漬けにして傷ませるだけで、毛先がハレーションしてしまっているケースも少なくないのもまた事実。次回は、ぼくが実践している塗布の仕方、頭の中で考えていることなどご紹介しようと思います。

導入サロンさんで弊社の処理剤、トリートメント剤を使ってくださっているにも拘らず、縮毛矯正を積極的にしないサロンさんが存在します。本当にもったいないと思って記事にしています(笑)
なぜならこのトリートメントシステムは縮毛矯正するために生まれてきたシステムだという事。


でもこのサロンさんはトリートメントだけで5年で7店舗増やしているのだから矛盾してるよね、ジャンジャン(笑)
次回は、ぼくが実践している塗布の仕方、頭の中で考えていることなどご紹介しようと思います。
ハレーションを起こしてしまったり、少し毛先が?なんて時の対処法などもご紹介しますね^^

お問い合わせ先
サロンバナー

| 日記 | 16:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新年あけましておめでとうございます。

またまた新しい1年が始まりましたね。

だいぶご無沙汰してしまって(笑)
昨年末、平成28年の1年間を振り返ってみて、何か足りない・・・・
なんだか物足りない感が漂っていて^^

なんだろうって考えてみたんだけど。
やっと気づいた気がします。

「社長のひとり言」

このブログまた以前のように書き綴っていきたい。
そんな結論が出て。

「どうしよう」

お正月中考えていましたが、またパティエンスをやり始めたときのような気持ちを取り戻すためにもこのブログを再開しようかなって。


元々この社長のひとり言は、美容師さんに向けて製品開発の秘話や、あまり現場の美容師さんに知られていないような事項をズバズバ本音で、面白おかしく、そして自分の日記という事で書き始めたもの。


去年1年は通販事業がメインになってしまい、ほとんど美容師さんとの交流もなければ、面と向かって話をしてないって(笑)
また去年は新しい試みとしてシャンプーやトリートメントなどのOEMもやらせていただくようになって、美容室に伺う機会も増えてきて。美容業界の現在、これから先業界自体がどうなってしまうのか?など考える時間も増えてきて・

「やっぱり俺の居場所ははここなのかも?」

って思っています(笑)

以前のようにこのブログが盛り上がるのかなあ?
まあ、ただの日記でもいっかぁ(^^)

そんな不安もありますが、社長またブログ復活してよ~
なんて嬉しい声も聞くときもあるんですよね、美容師さんから。


なので初心に戻りまたブログを書いていきます^^
皆様、今年もよろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちらまで
サロンバナー




| プライベート | 11:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アナジェリン

発毛剤や育毛剤で重要なことは2つある、と感じています。
まず一つ目は失われた毛周期の再開、毛髪の成長期の活性化。

ホルモンバランス、男性型のホルモン、よく言われるのが5αーDHT(ジヒドロテストステロン)

それともう一つ重要なことは、毛周期が再開したとする。でもせっかく発毛した毛髪を抜けなくするケアができる商品が少ないということ。どういうことかというと抜けないように毛髪密度を上げることのほうがむしろ重要なのです。

せっかく生えてきた毛髪を保護し強く太くする。要するにせっかく生えてきた髪の抜け毛を防止するということ。

製品を考える上で、そこが重要なんだけど今までそんな育毛剤は知るところないに等しい。
ここが大きな違いなのだと思う。

今日は題名通り【アナジェリン】
どんなものかといえばVEGF(血管内皮細胞増殖因子)グロースファクター、成長因子の一つなんだけど内皮における新生血管が形成されるなどが認められています。

IMG_0398.jpg

アナジェリンはフランス、シラブ社の植物由来の原料で、in vivoおよびin vitroの確かな効果データおよび安全性、安定性データを備えた付加価値の高い機能性原料として知られています。

in vivoにおける抗抜毛効果

IMG_0400.jpg

また、男性様ホルモンの抑制はAGA治療の代表格であるプロペシア(フィナステリド)との比較において同等の効果もあることと、細胞代謝の目安であるケラチノサイト、トランスグルタミナーゼのmRNA発言を44%まで著しく促進したなど、細胞活性効果も。

IMG_0399.jpg

医薬品や薬用の育毛剤では取り扱えません。
GFの特徴でもあるわけですが、成長因子ですので現在の法律では化粧品でしか発売できません悪しからず・・・・・

製品のご購入はこちら↓↓↓
http://www.patience.co.jp/SHOP/10000001.html

| 未分類 | 10:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

育毛剤のウソ・ホント(^^)

皆さんは育毛剤といえばどんな事を思い浮かべたり、実際使ったことのある方はどんな効果、効能がありましたか?

また、今ならお試し980円とか(笑)
一応、薬用の柑橘系の育毛剤だったり、大●製薬さんのリアップX5などなど。

スプレータイプのもの、エッセンスやセラムなど少しとろみのあるもの、エアゾールタイプのもの。

これらにすべて共通するのは

【エタノール】そうアルコールなんですよね^^

考え方は簡単で、毛母細胞をはじめとした毛根、毛乳頭、バルジ領域(毛包上皮幹細胞)を活性化させることとと、頭皮の血行を良くする。毛細血管から各細胞域に栄養供給できれば必然的に発毛するという説が一般的なんです。

まず十中八九は50%以上エタノール、センブリエキス、唐辛子エキスなど。
でも悲しいかなこんなもので毛が生えてくるわけないでしょ(笑)

なかにはテレビショッピングなどで10000円近くlだしてこういう類の育毛剤を使っている方が本当に多いんだけど・・・・・
ダマシ、とは言わないけどね(笑)

確かに植物エキスで5αリダクターゼという男性ホルモンを抑制して過剰ホルモンを調節するような原料があったりするけどね。
でも、50%以上エタノールであれば頭皮に塗布またはスプレーすればカッカきて、じりじり、ピリピリきて確かに効いてそうな気になるでしょう?

アルコール度の高いウォッカやウイスキーをスプレーしても発毛するという文献はありません(笑)
でもそれが実情なんですよね^^

業界内でも処方例といえばこんな感じ

             IMG_0371.jpg

             IMG_0372.jpg

ノンアルコールの育毛剤がなぜないのか?
有効成分多く、濃厚でなければ作れない、原価が怖い(笑)
でも発毛効果は1本8万円、発毛費用数百万円の注射治療に匹敵!


こうご期待(^^)

| 未分類 | 17:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

育毛成分「ピディオキシジル」はミノキシジル誘導体

やっと冬が終わったのかな?
朝、犬の散歩に行くと季節の移り変わりが良くわかります^^

桜はあと1週間くらいかな?
暖かくなるとなんだか気持ちも前向きになり、仕事も捗りますよね~

ここ最近は毛髪というよりもスキャルプ関係に記事が多くなってしまっていますが、実はきれいな髪を手に入れるにはシャンプー、トリートメントだけではかなり無理があります。ヘアケアという言葉はアバウトで曖昧なところがあり、毎日のお手入れというとどうしても毛髪だけにフォーカスされがち。

人間の髪の毛の数はざっと10万本と言われていて、その1本一本に成長期、退行期、休止期というサイクルがあります。
ほとんどの毛髪が成長期ならばそれこそふさふさな髪、逆に髪が寂しくなると休止期が長くなってしまう現象が起きてしまいます。

何も悩みのない方の例でいえば成長期は大体6年から8年あるといわれているのが最新の理論で、その10%が退行期に当たり、期間的には14日~20日間、徐々に毛細胞は休む準備を始めます。

そして髪が抜け落ちる休止期。まったく抜けないで残る場合もあり、これはキューティクルと深く関連していることが分かっています。キューティクルのチョウツガイが毛根に引っかかるという説が有力化と思いますが、加齢など何らかの原因でキューティクルのチョウツガイの形成不全により脱毛する。先日、東京医科歯科大の研究発表した抜け毛のメカニズムとはまさしくこのことで17型のコラーゲンがこのキューティクルの形成に大きく関与しているというもの。

17型のコラーゲンってなんだかわからないのにね^^
医薬品としても、期待なんて言っていましたが、実際には2型のコラーゲンくらいしかわかってないんだから、どんだけ先の話してるんだろう(笑)


ってことで今後はこのブログで発毛剤の原料についていろいろ書いていきます。
まず今日は【ピディオキシジル】について簡単に説明します。

各種存在する医薬品の育毛成分の中で、極めて効果が高いと各機関で評価される【ミノキシジル】はもともと高血圧の経口薬として開発されたもの。細胞弛緩による血管拡張で血流を促進させ、酸素や栄養素を毛乳頭細胞や毛母細胞に積極的に運搬、細胞の産生促進が行われるというもので休止期に入っている毛包組織に対する刺激効果も確認されている医薬品。

そうです。皆さまご存知のリアップ。当初大正製薬は1%で発売したがその後5%のX5を発売。
育毛作用としては

●脱毛の遅延効果
●毛包サイクルの刺激を与え細胞を活性化
●血管拡張によって毛包組織への血流促進

ミノキシジルは医薬品なんだけどこのピディオキシジルは化粧品です。
ですがマウスなどを使った各種発毛実験においてまったく同様の効果を示す育毛成分。

            image2.jpg

形状はこんな感じの水には溶けない怪しい粉(笑)

        image1.jpg

この構造を見てもらえればわかると思いますが6員環構造の医薬品ミノキシジルに対し、5員環構造のピディオキシジル。
効果的にはほとんど変わらないとされ、ミノキシジルは6員環なため副作用が懸念されるが、誘導体として5員環にしたピディオキシジルは副作用の心配もほとんどないとされるミノキシジル誘導体。

化粧品表示名称はピロリジニルジアミノピリミジンオキシド。

ちなみに前回紹介したガン治療による脱毛予防には逆効果だ、との報告も。
抗がん剤は血管に注入するため毛根、頭皮の血流を挙げてしまうと抗がん剤の周りも早くなってしまい、余計に脱毛を促進してしまいます。

発毛、させると脱毛の予防は全く逆の現象ということを最後に書いておきます^^
次回は成長因子であるANAGELINEについてご紹介しますね^^

| 育毛剤 | 12:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

育毛剤を考える

育毛剤、養毛剤、発毛剤、世の中にはこの類の製品は腐るほどある。
でも無くなってしまった、またはなくなりかけた毛髪を、というよりもこの場合には髪ではなくて毛根にある毛包をもう一度、活性化させるものではないかなと、発毛とはそういうことなのではって再認識した次第です(^^)


この3年くらいの論文や各企業の研究発表をはじめ、医薬品としての効能等、臨床などのデータなども特別入手できたわけだけど、まず方向性を決めるのに迷ってしまった。

なぜかというと『薬用育毛シャンプー』と銘打ち医薬部外品としての育毛シャンプー。
何度も言うが、こんなものを使ってもまず発毛、育毛はしない。
それどころかメーカーが2度洗いを推奨してしまっては益々頭皮環境を悪化させてしまう。


もっと言ってしまえば、育毛剤の効かない環境下で3万円、5万円の育毛剤を使ってもまったく無駄になってしまう。
それに成長因子(GF)高配合などとスプレーでシャンプー後の頭皮に直接つけるトニックの類のものもまた然り。

薄毛の特徴はなんと言っても弱った頭皮。これに尽きるのでは。

現在はAGAとして育毛医療として確立した感もあるが、これとて毎月5万円の出費も否めなく、また男性機能などの副作用の心配もあり30台、40代では中々踏み切れないし女性の薄毛の治療ができないのが現実。

またテレビコマーシャルでおなじみの育毛サロン、一説によれば月に数十万の費用が掛かる。効き目がないから1か月でやめればよいかというと、6か月からひどいケースで2年分をローンで前払いにて支払わせる。

効果がないと気づいてもそりゃサロンに通うでしょ?
っていうか『来てください、来てください』って20代の女性カウンセラーにメールやLINEで言われれば鼻の下は伸びてしまう。

でなきゃ、あれだけのコマーシャルはまず、打てない(笑)
質問しても満足に答えられないスタッフがほとんどで、何か言えば「よくなっている」からと、実は未経験に近いパート従業員がほとんどで、マニュアルにあることしか答えられないのではお客様は可哀想すぎますよね。

本人が発毛していないと言えば、サロンは「うぶ毛」が生えてきてるから「発毛してるよ」と言う。
本当に発毛サロンに通って満足した方はどれくらいいるんでしょうね?

そう考えた時にこりゃ、やるしかないって(笑)


まあ、『社長のひとり言』はこれくらいにしてまじめなお話します。



発毛、育毛を考えたとき大きく分けてしまうと3つになるのだと思う。

1、医薬品も含め薬用の育毛剤や養毛トニック。
2、発毛サロンなどでの相談や施術。
3、AGA治療や美容クリニックで行う成長因子などを直接頭皮に注入する方法。

そこで費用など調べてみました。何もひいきにしていませんからね~(笑)

価格的には1は月に数千円から高くても2万くらいかな?

2、は5万円~高くて20万ってところでしょうか?AGA治療も月に5万くらいで約12カ月必要。
一番高いのはやはり美容整形での直接頭皮に成長因子などを注射し発毛を即すもの。1回10万、月2回でだいたい8カ月から12カ月は期間を要するということ。
言い方悪いですが、ハゲ治療に年間200万円かけてる人が、実際いるんだから正直びっくり!


さらにあげるとしたら、もう一つの脱毛としてガンなどの放射線治療に対する副作用による抜け毛。

本当のことを言うと、こちらにも対応させるような製品はできないか?
本気で考えて悩んで出した結論、それは。
「発毛と放射線による脱毛予防を併せ持つ製品はできない』ということなんだよね、残念ながら。


実際に30名程度しか臨床できていないんだけど、放射線治療をする3日程度前から1日3回、卵白から得られるアルブミンというタンパク質を含んだ育毛剤を塗布する。そうすると3割の患者の髪が抜け落ちづにそのまま髪が残る脱毛予防としての育毛剤。放射線による脱毛が従来の半分程度に収まる患者を含めると、7割の患者に効果が出る。

しかし治療後に抜けてしまった髪に使っても、全く発毛しないっていうデータもあるんだけどね^^
あくまでも予防としての育毛剤。
抜けてしまった髪には、やはり育毛剤のほうが効くのかもしれません。

通常であれば、ぽぼ10割抜け落ちてしまうはずが3割程度に治まる。これはすごいことだよね^^

放射線で抜け落ちる脱毛のメカニズムは加齢による脱毛や、男性型との脱毛のメカニズムも発毛のメカニズムも違いがあってどうしても真逆の理論が展開してしまう。


一般に加齢とともに起きる男性型の脱毛の発毛と、放射線治療時に抜毛予防として用いる育毛剤の相違点は?
次回ブログでご紹介しますね~

| 未分類 | 19:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

発毛剤、育毛剤、養毛剤の違い?

だいぶ暖かくなりましたね?
寒い冬の間、何とか耐え凌いでこの時期を迎えると毎年ながら希望というか、やる気が出てくるのは私だけでしょうか(笑)

今年に入ってこの3年くらいの論文や各機関の研究発表など、発毛や育毛について帝○大学での授業を通して、また紹介していただいた処方方法や皮膚科の先生方の勉強会などに参加させていただいたことを少しブログで紹介していきたいと思います。

IMG_0004.jpg IMG_0003.jpg IMG_0001.jpg  IMG_0002.jpg

発毛剤、育毛剤のベース造りに化粧水ベースでどんな形状にしようか?

         IMG_1470.jpg

防腐剤には発毛の邪魔になる懸念はないのか?
など良い勉強をさせていただけたのではないかと思っています。


もう「薬用育毛シャンプー」とか、医薬品である「リ○ップX5」で発毛なんて誰も興味がないんじゃないでしょうかね?
まず発毛してこないでしょ?

「薬用」  この言葉もほんとに罪です(笑)

抗炎症剤配合、登録申請に医薬部外品として数万円の手数料を支払い待つこと6か月、ただのトニックでしょ(笑)
柑橘系のエキス配合、発毛に良い植物エキス配合で(笑)

髪のボリュームすら取り戻せないんじゃガッカリする。

他社の製品を非難しんたり、良くないって言ってるわけじゃなくてね、医薬部外品だからとただ育毛剤を付けただけでは無駄な行為になってしまうということ。

シャンプーから、しっかりとした使い方をすればお医者さんに行って高いお金を出してAGA治療する3倍は発毛の効果があると。しっかりとしたデータまであるの知ってましたか?


そう言えばつい最近分かったんだけど、同じゴルフクラブのメンバーでもう10年近く付き合いをしてる人なんだけどこのAGA治療で服用するプロペシアっていう飲み薬を発売しているMSDという会社ににもう30年近く勤務しているんだって(笑)
毎月1度は必ず会うゴルフ仲間。MSDの社員ってわかってから、会うたび色々探り入れてる自分がいます(^^)

患者からのトラブルやクレームはやっぱり相当あるって(笑)

このブログで育毛、いや本当の意味での発毛について今後も成分などについて詳しく書いていきますね^^
主にはグロースファクターと言われる成長因子や幹細胞系の原料などの一般公開されていないデータなどご紹介できる範囲で書いていきます」

お楽しみに~



| 未分類 | 11:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シリコーンだけで保湿クリーム作っちゃった^^

まだまだシリコンは悪者(笑)

ある業者はノンシリコンといいながらジメチコン、シクロメチコン、PEGー○○などが入っていて、お客様がそれを指摘したら

『うちのはシリコンではなく、シリコーンですよ』って(笑)

そりゃそうだ(^^)

アクアコラーゲンジェル、とかドクターシー○ボ何とかジェル、それに新○本製薬のパーフェクト○ンなどみなベースはシリコンですよ~

毛穴が詰まるとか、アレルギー反応が出るとかまったくウソばっかでしょ(笑)
ってなわけでシリコン;だけでジェル?クリームを作ってみました。

とりあえず保湿剤は何もいれていませんが、使った感想は?

乾燥している肌に塗るとそこから水が出てくる感じ?かな。
何も添加剤が入っていないにもかかわらず・・・・

これスッゴイですよ、マジで!

信越さんからお取り寄せ
IMG_1540.jpg

ぜーんぶシリコン(笑)

界面活性剤2種類、増粘剤2種類、それに感触を上げるための油剤。
シャバシャバのものや水アメみたいなもの。

それに保湿剤として13‐BG、清涼感を出すためほんの少しエタノール、クエン酸Naは変臭防止と希釈する水の極性を上げるための一つまみの塩。

本当にこれだけで?って感じです。
もうひとつ特徴があるんだけどパラベンやフェノキシなど防腐剤がいらないこと。
腐敗しません^^

IMG_1539.jpg


指先から顔、全身に使えます。
明日も渋谷で美容師3人、昼間から飲んだくれようと思っているのでびっくりさせてやろうとたくらんでます(笑)

| 未分類 | 19:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シャンプーの大事さ

髪が傷んだ、手触りが悪くなったとトリートメントを変えてみる。
これ、間違いではないんだけど、実はこんな時にはシャンプー;が大事だって皆様にわかっていただきたい・・・・・・


「本当に綺麗な髪を手に入れたい」
そんなあなたの願いを叶えられるヘアケアって数少ないですよね?


ダメージケアというとシャンプー後のトリートメントクリームに重点を置かれますが、実は大事なのはシャンプーだって知っていましたか?

価格が高いから良いだろう、とかパッケージが可愛いからなどの理由で選んでいませんか?


美容師としては「本当に良いシャンプーを使っていただきたい」というのが本音です。
なぜならシャンプーの仕方によって顔がリフトアップし若返ったり、傷んだ髪の修復、頭皮環境の正常化にもなるわけです。


【あなたはこんなシャンプーを使っていませんか?】

よく泡立つ洗浄成分の強いシャンプー

で洗浄すると良質な頭皮の皮脂を取り過ぎてしまう・・・・
そうすると皮膚が乾燥する。

乾燥して痒みがでるから、今度はガシガシ強く洗ってしまってい結果、頭皮環境をますます悪化させてしまいます。

粗悪なシャンプーっていったらいけないけど、食器を洗う時のママレモン?
雑貨扱い食器洗剤と化粧品のシャンプーでは法的にも表示の名称が変わってくる。

食器洗剤に香料入れたものでシャンプーして、このシャンプー軋むわね~
なんてよくあるお話(笑)

そんなシャンプーを使えば、頭皮はどんどん環境を悪くしてしまいます^^
結果、頭皮は緩むと同時に、どんどん顔の皮膚が緩み、シワなどの原因にと繋がってしまい、頭皮から老化を加速させてしまうという事は医学的にもわかっています。

たかがシャンプー、でもその洗浄成分には気をつけていただきたい!
洗浄力の強いシャンプーが合うのはそれこそ中学生、高校生の坊主頭だけです。

もしあなたの髪が傷んでいるならそれは、優しい洗浄成分で洗ってあげるべきなのです。
良質なシャンプーで洗ってあげれば、長い間には天地の開きが出来てしまいます。

たかがシャンプー、されどシャンプー.....

エステに行かれて顔のマッサージをしても頭皮が緩めば意味ありません。
高いシャンプーには理由があります。

ちゃんとケアしてあげれば老化も防ぐ事が出来るのです。
良いヘアケアを使い続けることで日に日に健康を取り戻して綺麗になっていくのを是非実感してみませんか?

IMG_0768.jpg

髪が傷んだり、手触りが悪くなったら是非シャンプーを考えていただきたい!
5つ星シャンプーなどに乗ってるけど、見向きもされないよりマシかぁ(笑)

見向きもしない商品だからって、悔しいんだろうね?そういう輩に、煙たがられてぼろ糞ブログで書かれてしまう・・・・・

でも負けじと頑張れ~
@コスメよりよっぽど参考になるんじゃない、消費者にとって(笑)
http://www.ishampoo.jp/shampoo/nananinnotenshi.php

五つ星だって(^^)
このサイトで販売してない所が凄い(笑)
http://www.ishampoo.jp/mainGate/5s.html


ご購入はこちら↓
七人の天使たち

| 未分類 | 13:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明けましておめでとうございます。

久々に登場しちゃいましたが(笑)

この2年の間に個人的にも会社的にも随分と様変わりしてしまった気がしてならないから・・・・・・
また時間を見てより辛口に書いてみようと思う今日この頃。


まあ、あれだけ「ノンシリコン」がブームにバカな美容師たちが乗っかって(笑)
ホントにマヌケなお話だよね~

どうしても美容室や美容師たちのブログ記事が目に入ってきてしまって。
そんなこと書いちゃうの?って(笑)

試験管に市販のシャンプーに水を入れ、アミノ酸シャンプーと称し、たぶん自分の店で売ってる商品なんだろうけど、思いっきり振って、それが白く濁るシャンプーは合成界面活性剤で粗悪なシャンプーだって(笑)
透明のままなら合格~って!え

濁るのはパール化剤のせいであって良し悪しの判断じゃないでしょう^^
あまり原価にお金がかけられないシャンプーはジステアリン酸 グリコール(パール化剤)を入れて安定度を出したりするのは昔からの処方でボディソープもまたしかり。

水で薄めて泡立て濁るか濁らないか?
ノンシリコンの時もこんな感じで火が付いたんだろうね(笑)

というわけで、僕は2月から大学にて香粧品化学を勉強させていただくことになりました。
ヘアケアももちろんなのですが、アンチエイジングを本格的に応用したスキンケア、それと肌細胞についてです。

実技的にも試作品をたくさん作って行きますのでその工程や失敗もたくさんすると思うので、このブログにUPして、また楽しくできたらいいなぁ、と思っていますので今後ともよろしくお願いいたします^^

ご購入はこちら

kv.jpg

| 未分類 | 15:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

髪は繊維そのもの

髪はなぜ傷むのか?
っていう話になるとすごーく長くなってしまう^^

でも避けては通れない事で、皆が知りたがってる事項でもある^^
傷んでしまうという言葉は大変大きな括りの中の言葉。

パーマ、カラーで傷む。
毎日のシャンプーで傷む、シャワーの水で、ブラッシングで、ドライヤーの熱で、アイロンで、紫外線を浴びて等など。

基準も曖昧。

例えば手触りなどは個人差があるでしょ?
またツヤ感などもそうだし・・・・

基準がハッキリしない。
だから一般的にはまず髪の強度を考える。引っ張って切れてしまう髪は当然ダメージを受けているから。
それから観察器を使ってすべり性だったり、反射度数だったり。

引っ張り強度で言えば、ある原料を処理した後に髪の強度が増せばこの原料は『毛髪補修成分』となるのが一般的。でもこういう類の原料は世の中いっぱいあるわけで、だから化粧品メーカーが現場の美容師を巻き込もうとしたり。

実際に使った感覚が一番だから・・・・

まず髪は私たちが毎日きている洋服、繊維と非常に似ています。
化粧品に関係のない大手の繊維業界の企業でも、最近は髪の研究が盛んです。
これはなぜか?

今似ているといったのですが、髪は繊維そのもの。
髪の場合は複数のアミノ酸からたんぱく質を形成していてまだまだ解明されていない事項も多々あるので、諸説が多数あったりもするのが現状。

タンパク質なのでβ(ベータ)構造だったりその他にもα(アルファ)構造、δ(デルタ)構造を取っていたり複雑極まりない構造で出来ていて、それはシート状だったり螺旋状のものがいくつも寄り集まって髪を形成しているという事。

繊維業界では退色しない染料だったり、ここ数年の柔軟剤の進歩だったり、繊維業界からの理論がヘアケア製品に随分と採用されている今日。


色物の洗濯物が色落ちしない洗剤?
ヘアカラーした髪の色がシャンプーで色が抜けないように、石けん成分(界面活性剤)など、もとの洗濯洗剤との考え方には違いがありません。また生地の色を濃く入れる手法や技術などは、僕たち美容師がお客様の髪を染める際に行う処理工程などは、極似しています。

さらには柔軟剤などで洗濯物をふんわり柔らかくっていう技術は、ヘアケアでももちろん採用されて髪をふんわり柔らかく柔軟性を持たせる技術や理論は同じもの。


そして一番の共通点として横の繊維と縦の繊維から出来ているという事。
例えばセーターを縦の繊維だけで編んでしまうと形にならないし、穴ボコだらけでしょ?
ある程度の強さにするには縦と横の繊維を繋げていく。
髪も縦の繊維(ペプチド)と横の繊維(バウンド)から成り立ち、主鎖、側鎖なんて言ったりします。
髪の場合は頑丈な主鎖を側鎖が支えており、パーマやカラーなどで傷んでしまう原因としては側鎖が壊れてしまう^^

だから、側鎖の形成は傷んだ髪をトリートメントで手当てする場合に考える事項でもあるのです。
この側鎖の欠落によって髪の強度は当然低下、またパーマやカラーで損傷するのもまたこの側鎖になってくると考えています。

毛髪のダメージ、それは内側の側鎖のダメージ、そして外側のキューティクルのダメージについてまで。
次回詳しく側鎖からお話ししていきま~す!

| 未分類 | 13:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

髪が抜けてるんじゃなくて切れてる

ここ1ヶ月、パティエンスではもう少し商品を一般の方に知っていただこうという事で【ペリセアーゼ】のモニタリングをはじめました^^

1回の使用で実感できる【濃厚トリートメント】という事で美容家さんをはじめ、ブロガーさんたちに広く使っていただき、使用感など記事にしていただこうという企画です。
ブログはもちろんの事、@Cosmeなどでも紹介していただければ幸いです。
別にいい事だけ書いてくださいとは申しません(笑)

使い勝手が悪いとか、今後こうして下さい、こんな不都合がありますので改善してください等など。
本音をぶつけていただこうという少し怖い企画です。
そしてまだまだ商品を知らない方に向け紹介していだだこうというものではじめました。

ブロガーの皆様、口コミその他、よろしくお願いいたします。


さて今回はお客様からの質問で、髪が抜けてしまうのだけれど頭皮に良い商品はありませんか?
「頭皮に良い商品ですか?』(笑)

良く聞けば『七人の天使たち』はスキャルプ機能のあるシャンプーですか?と・・・
洗髪時に髪がどんどん抜けてトップがペシャンコになってしまうそうです。

こんな質問から前回少し記事にしたわけです。
何度かやり取りした後に時間を合わせていただけたのでご来店して髪を見せていただいたのですが、抜けているのではありません。
頭皮ケアしてもボリュームは出ませんよ~

頭皮から抜けているのではなくダメージで切れてしまってるの。
写真はこんな感じ!
切れ毛

シャンプー後にシンクの網から拾った髪。
軽く数百本。
洗髪時は髪が濡れるため、余計に膨潤し手櫛でも切れてしまう。

頭皮ケアなどと称してサロンでヘッドスパ?
そんなことして濡れた髪の状態を30分、40分放置してしまったら頭皮はきれいになっても、髪が元気になるどころか膨潤がすすんでどんどん悪化しちゃいますよ~

以前からこのような質問が多くて・・・・
ご本人は抜け毛と思ってるんだけど実はダメージで普段の生活に耐え切れずに断毛している。
本当に多いですよ(^^)

これを読んでくださって納得してくださる方も多いのでは?

ではなぜダメージするのか?
そしてなぜ抜けるのではなく切れてしまうのか?

メーカーの考え方の違い。作る側の考えの違いなのかな?
美容師でも少数派なんですよね、この髪の強さを考えるというのは、悲しいかな^^
こういう考えを持っている美容師ならまずトリートメントでは髪の強度を付けるんだけどね。
実際にサロンで1度の施術で倍近くき強度が増すんだから(笑)
本当に!
データが証明するんだから・・・・

抜け毛というのはその人の髪の長さが同じはず。でも落ちている毛髪は明らかに短い。
そしてこれだけの量が抜けたのであれば根元側には毛嚢、蕾があるんだよね(笑)

だから抜けた毛髪はどちらが毛先で、どちらか根元か判るんです。
でも切れた髪は毛嚢が付いていないから判らない・・・・

ヘアケアで大事な要素のひとつに髪の強度を付けて上げなければいけない。
本当に大事な要素なんです^^
髪の手触り向上?
ツヤ感増加?
ハリコシ?
確かに大事なんだけど、やっぱり僕は髪の強度に尽きると思う^^
ノンシリコンで髪の強度は上がりますか?(笑)

カラーもパーマもそしてセットでコテやアイロンなどは一切しません。
なんて方なら結構です^^
オーガニックでよい香り・・・・・

でも髪が傷んでいるならきちんと自分のヘアケア、選択しないと酷くなるのは目に見えていますよね?

次回はなぜダメージするのか?
なぜ切れてしまうのか?
大まかには原因は2つあると考えていますが紹介していきますね^^

解かりやすいようにイラストや資料を作ります。髪の内部の構造だとか、仕組みについて紹介しますね(^^)

お楽しみに~

| 未分類 | 18:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

間違ったシャンプーしていませんか?

少し前に北川景子がCMしていて、髪専用の香り?
スプレーで、持ち運びが出来て、ちょっと洗面所で化粧直しのときに使ったり・・・

すっごくいいもの出たな~@
なんて思っていたら、売れないんだろうな~

いい物だって思っても世間ではまったく売れず・・・・・
こんなもの売れちゃうのってよくあります(笑)

美容師さんの中にも香りを重視するか方って、実はすごく多くて・・・・・・
人それぞれ、美容師にもジャンルがあるのは当たり前なんだけど、成分は何でも良くて、ただ匂いが良ければ?
とにかくノンシリコンだって(笑)

困ったもんだ^^

ちょっと違うような気がしても無理やり考えを変えさせて、押し付けるわけにも行かないから(^^)
確かにドラッグストアで売ってる分には何も問題ないんだけどネ。

ただここで言いたいのはシャンプーやトリートメントなどのヘアケア用品に必要以上の香りをつけてしまうっていうのは、どうなんだろう?って!

女性とすれ違ったときに、シャンプーの香りがするというシチュエーションに嫌な気分がする男性は少ないと思います。
ですが、実際にそのような場面に出くわしたときに、汗のような脂のようななんともいえない香りがしたらどうでしょうか?
僕は男性なので “女性は常にいいニオイがする”という幻想が一気に崩れてしまう……

まだまだ汗をかくこの時期に起こりやすい症状のひとつ“頭皮のニオイ”が原因となっている可能性があります! 
またあまり香料の強いシャンプーを使ってしまうと自分では気づかないけど頭皮の匂いとシャンプーの香りが喧嘩して相手に不快を与えてしまう・・・・

今回は、人に気付かれたくない頭皮のニオイについて、原因と対処法をお話していきます。
ではなぜ臭うのか?

前回加齢臭が頭皮の皮脂の酸化によるもの、とお話しましたが年齢に関係なく頭のニオイは、頭皮の汗と皮脂が混ざって酸化したものが主な原因です。 頭皮には、汗を出す汗腺と皮脂を出す皮脂腺があり、本来この汗と皮脂が混ざり合って、皮膚の潤いを逃さないようにバリアの役割を果たしてくれるのですが、いくつかの要因によってその分泌が過剰になり、イヤなニオイやベタつきを引き起こすようになってしまいます。

■頭皮の環境を悪くする5つの習慣とは

キチンとシャンプーをしているのに、頭が臭うという人は、以下の特徴に当てはまるものがないか、チェックしてみてください。

(1)油っぽい食べ物が好き
(2)タバコを吸う
(3)お酒をよく飲む
(4)野菜より肉中心の食事が多い
(5)スパイスを多く使う味の濃い料理が好き

ざっと上げるとこの5つかな。まずは日常の生活を改善することが頭皮環境を正常な状態に戻すための近道ではないかと思います。また、朝シャンプーをする人は、時間がなく洗い方が雑になったり、すすぎ残しがあったり、さらに、ドライヤーをしっかりかけずに外に出ることで、生乾きの髪がニオイの元になる物質を吸着しやすくなりますので、要注意です!
 
どうしても朝シャンプーをしなくてはいけないときは、しっかりと髪を乾かしてから出かけるようにしましょう。香料などによって必要以上に強い香りの付いている商品によっては頭皮の臭い&香りが変にミスマッチしてしまって余計に不快な臭いを招いてしまうケースが多々あります。


最後に、頭皮をキレイに保つシャンプーの基本方法をおさらいしますので、参考にしてみてください。

シャンプーは、汗や一日の汚れを落とすために夜にするのがオススメです。決してゴシゴシと洗わずに頭皮をキレイに保ち、ニオイの発生を抑えるシャンプーのポイントをアドバイスします。

(1)シャンプーの前にブラッシングをして、髪の絡まりを解く
(2)人肌くらいのぬるま湯で髪をすすぎ、脂や汚れを落とす(プレーンリンス)
(3)シャンプーは泡立ててから髪につける
(4)指の腹を使い、頭皮を揉みほぐしながら優しく洗う
(5)洗い残しがないように、しっかりとすすぐ
(6)シャンプー後は、雑菌の繁殖を防ぐためにすぐに髪を乾かす(このとき、頭皮から乾かしていき髪の内側までしっかりと風が入るようにするのがポイント)
ゴシゴシと洗わない。頭皮に傷をつけて炎症を起こす原因にもなりますので、気をつけましょう。季節を問わず汗をかきやすい頭皮、月1度のサロンでのヘッドスパも頭皮のニオイを抑えるのには有効です。

【七人の天使たち】は頭皮環境を良くするには効果絶大!接近戦でも臭わない、お家でできるヘッドスパ、なども今度紹介できればいいですね?
早速今日からあなたも頭皮ケアを始めてみませんか?

頭皮の事が気になった方はこちら▼
http://patience.ocnk.net/product/2

最後にアドバイスですが、(1)のシャンプー前のブラッシングと(2)のプレーンリンス!
これに尽きます。嘘だと思ってまず実行してください(笑)
ブラッシングで頭皮を軽く、傷つけないように優しくね!

そして指のひらで爪を立てないように頭皮を優しくマッサージしながらぬるま湯(37度前後)でよーく洗い流してからシャンプーですよ^^

間違ってもスキャルプシャンプーだから、なんていったらダメですよ(笑)
頭皮を洗うというのは、シャンプーなら当たり前なんですから^^

社長のひとり言


シャンプー後は天使シリーズにて、もちろん毛髪にも気を使ってください▼
http://patience.ocnk.net/


| 未分類 | 17:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スキャルプシャンプーって必要?

これからもBlogは書き続けていこう(^^)
更新を楽しみにしてくださる方がたくさんいて、それも美容師さんから一般の方たちまで様々ですが・・・・

言いたい放題言って『世の中の嘘に誤魔化されないで!』って気持ちが強すぎてしまって上手くいかない(笑)
でもそれを楽しみにしてくださる一部の方のためのも忘れた頃にちょろっとネ^^V
そんなこんなでアメブロの一般の方向けのブログは撤退しようかと考えています。
本当にー、ゴメンナサイ@


さて本題、季節柄か頭皮に関する相談をよくされます。
『七人の天使たち』は頭皮にどのようにいいんですか?
他のシャンプー使って痒くなったり、アレルギーが出てしまったなんてご質問も最近あって^^

まあこんな感じお答えしてます!



七人の天使たちに限らず、シャンプーで万人の方に向く、誰にでも有効という物は無く、化粧品ですので人によっては合わない方もいらっしゃるかと思います。(弊社のシャンプーで今まで痒みやアレルギー等のトラブルの報告はございませんが)

規則では、取扱説明にて、【シャンプー後は良くすすぎ目に入らないようにしてください。また頭皮に傷、はれもの湿疹など異常のある時は使用しない旨、使用して刺激等の異常が現れた時は使用を中止し、皮膚科専門医等への相談をお薦めします】

このような表示の義務があります。またシャンプーはあくまでも主剤が界面活性剤(泡立ち成分)です。
どんなに高価であっても体に無害であるとか、自然のもの、アミノ酸系などというメーカーもおりますが、みな洗浄剤です
ので、万人に合うわけではありません。どんな泡立ち成分でも、石けんしか合わない方、また石けんですら合わない方もいるのが事実です。

大丈夫かどうかは使ってみなければわからないのではないでしょうか?
ちなみに弊社ではサンプル等のご用意はございません、と!

そうなんです。使ってみないとわからないっていう答えしか出来ないんです。
七人の天使たちって薬剤師さんや皮膚科専門医、どちらも女性ですが申し訳なくなるくらい支持していただいています。
そしてご友人、知人の方にご紹介までしていただいてるなんてホントに幸せ物です^^

書き出すとやっぱり長くなる(笑)
記事が・・・・・・

また皆さんに見ていただけるよう地道に更新していきます^^
傷んだ髪のこと、ダメージケア、髪質改善という言葉の意味?
美容室などでもメニューで使われてるのが本当に多いですから・・・・

次回は早めにシャンプーの仕方を再確認という事でご紹介したいと思います。
明日かな?(笑)

| 未分類 | 17:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

1年に2回の縮毛矯正

取引サロンさんからも一番の課題だ。などとよく言われます(笑)

前回の矯正できれいに伸びた縮毛矯正だけど、お客様で多いのは1年に2回縮毛矯正、クセ毛のかたの定番なのかも^^
この1年に2回のお客様が多くいらっしゃるのもまた事実。

根元が6~7cm伸びてきてうねりだした頃にご来店というケース。

そこで縮毛矯正のリタッチなるメニュー。
僕は絶対にやりませんが、全体の矯正で20,000円、根元リタッチで12,000円???

確かに価格的には良心的なのかな?

でもちょっと待って!何も考えていないでしょ(笑)
もしそんなメニューを薦めているとしたら・・・・・

これがどうしてかというと、仮に根元だけ矯正でクセを伸ばすために薬を塗る。毛先をオイルや酸などに付けどんなにプロテクションしようにも、シャンプー台でお流しする際にはどうしても毛先に反応させてしまうわけ。
また毛先を外部から保護したとしても、根元部分の毛髪内の細胞はしっかりしており、内部拡散しやすい事も念頭に入れなければならない。

反応ならまだいいかもしれないけど、施術後毛先の収まりが悪くクセ戻りを起こしてしまった^^
そんな経験、僕も実際しています。
確かに薬は塗っていないんだけど、きれいに伸びていた部分が傷んで収まらなくなってクセ戻りした。

こうなってしまう確率はかなり高いんじゃないかと思います。
だからカラーはリタッチしても縮毛矯正のリタッチというメニューは存在させない。
これはお客様に説明しなければいけないことだし、リタッチなどを薦めてもいけない^^


なぜなら、お流しする時にどうしても根元に付けた薬剤が毛先に付く。そうするとせっかくきれいに伸びていた部分は軟化不足というよりも中途半端に反応した毛髪はバックリダクション(クセ戻り)を起こしてしまう。
このことは根元、中間、毛先とどんなに薬を塗り分けても起こる現象で、本当は一番考えなくてはいけないところなんだけどね^^

このバックリダクションはお流し後にブローして、アイロンまでの時間、どんどん進行して手触りの悪化を招くわけだから何らかの処置が必要になってくる。

それが毛先だけの酸処理なのか?

酸処理であればどれくらいの酸濃度が良いのか?
または2剤処理するので酸ではなく、脂質とPPTをはじめとしたたんぱく質でコアセルベーションを形成させれば良いのか?これにより傷んでいる部分にだけ上手く働くのだろうか?

これひとつの結論。
ビビリ毛であれ、毛先の還元トリートメントであれ必要になってくるのは還元剤。
これもまた否定できない事実なの。

収まりの良い、手触りの良い毛先を作るには何らかの還元処理が必要になる。
そうなると還元剤をソフト、ハードなどと単純に使い分ける、などは不可能という事になる(笑)

剤を作る人も施術する人も皆がわかっていることだけど意外と無視^^
今日はこれから少し時間があるのでビビ子ちゃんで毛先の処理について、なんか実験めいた事してみようかな?

なにか面白い事が書けそうならまた次回紹介します^^

| 未分類 | 15:01 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キトグラス

傷んだ髪、ダメージによってビビッてしまった髪をシャンプー、トリートメントのみでここまで治ります!って・・・・
本当はこういう類のものを相手にはしたくないんだけど^^

最近、講習なんかやらせていただいてもPPTを使っても効果を感じられないとか、システアミンは酷い毒性があるってディーラーが言っていたから、なるべく使いたくないんです^^って

で実際使った事あるのかと言えばまったくない方たちばかり・・・・・

こういうものを既成概念っていうのかね(笑)
いちメーカーの人間がいう事ではないのは百も承知なんだけど。お客様からお金をいただいて施術させてもらってと考えると、少し悲しい気持ちになります^^
例えばサロンに10人お客様が来店したとする。そうするとね、ほとんどのお客様の毛先5~6cmはこんな感じ。

           14-2.jpg

キューティクルの剥がれてしまった髪は、主な特徴として毛先が絡む、引っかかる、ツヤがない、髪が切れる、枝毛になる、などなど。
こういった髪に対してチューブから出したクリームのトリートメント付けて改善するの?

ジメチコン類のたっぷり入ったアウトバストリートメントつけて、CMCなんじゃらっていう白い液体、乳化型のシリコン入りのスプレー振りかけて本当に改善すると思っているのかね?

おまけに高濃度ミネラルと称したへんなお水を店頭に並べて・・・・・

はたしてこの写真のような髪に対して、どんな処理をするのだろう?
ディーラーのいう事がそんなに信頼できるのだろうか?

ケラチン、キトサン?
じゃあ、どんなケラチンなの?
キトサンが髪を強くするって言うけど、キトサンなら何でもいいの?

施術すする側からすると、写真のような毛先の処理は一番厄介でツヤも出せなければ、やるほうもやられる方も効いてる気がしないのもまた事実。

こんなもったいない事本当はいけないんだけど、これみてどう思う?
同じ原料使っても考え方が違えば処方も変わってくるし、使い方だってまったく違ってくるって言いたいの。

以前の記事でキトサンには酸を一緒に配合するのは効果がが半減するって書いたと思う。
自分で書いておいて、どこにあるのか探すのが面倒なので省略(笑)


キトサンって原料高いからキトサンの効果なのか酸による等電点の効果なのか、って言ったと思うけど
ほかの会社のキトサンあったら同じ様にやってみてください^^
では

           __ 1

まず、キトグラスを10倍に希釈。
そして鍋で沸かします。

           __ 2

50℃を越えるあたりから変化が・・・・・
白濁してきます。そうこれがキトサン誘導体特有のフィルム。
熱処理を絡めていくと枝毛がなくなるっていう根拠たるもの^^

手で触れると軽~い糊のようにうっすらと粘度も出ています。
さらに70度まで加熱すると

8.jpg

7.jpg

こんな感じになります。
でもけっしてこれはラップのようなフィルムではないという事。
イメージはこれ!

図1

キューティクルの無い髪に網目を付ける。
これはトリートメントでもある琥珀色の天使たちの基材になっているHEC(ヒドロキシエチルセルロース)などと絡めながら使うとさらに効果的。
髪の強度が極端に上がる理由がここにあります!

でも待ってください。縮毛矯正時にアイロンの熱で白くならないかって?
仕上げにするトリートメントって等電点に戻すためにpH4.5くらいのトリートメント付けるはず。
お仕上げにトリートメントをして上がってくるとツルツルなのはこんな理由があってこそ!

先ほどの白く粘度の出たキトグラスに米酢そ少々。すると

9.jpg

見事に透明になり粘度も元通り。
だからキトサンに酸を入れてはダメって事。ダメではないんだけど枝毛をくっつかせる糊が発生しないでしょ?
初めからクエン酸などで調整してしまうと、同じ原料でも効果的に働いてくれないという事。

こういう事を知らない研究員はたくさんいるのもまた事実。ケラチンにしても酸で縮合する誘導体もあって、だから合わせ技で効果が倍増する。

| 未分類 | 17:12 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本当に久々の更新^^

今年初かな?ブログ・・・・

今年に入って韓国に進出?ッてわけではないのですが、韓国のあるテレビ局の主催で美容師さん向けにセミナーなど少し行ったのですが、国が違う、生活習慣が違う、言葉も通訳がいるのですが上手く伝わらない^^

セミナーには少し苦戦しましたが、韓国の方って凄く活気がありました!

日本の製品がまったくないわけではないんですが、同じ様なシステムは難しいのかなと^^
僕が感じる限り日本と比べて15年くらい後れているのではないか?

すべてが・・・・

でもおしゃれ、ヘアカラーだったり、ストレートパーマだったりって普通に流行っている。日本人と同じ!
だから皆、髪が傷んでる(笑)
治す製品も技術もない・・・・・

おまけに水が日本とは違い、硬いからそれが髪にも現れているのかな。

今回、僕は本当にVIP待遇で韓国に6日間お世話になって、ホテルもスイートルーム級ばかりを用意していただき(笑)

韓国の美容師さんと触れ合い、いろいろなお話も聞けて、何よりあまり日本人の行かないようなところまで連れて行っていただき素敵な旅をしてきました。


今、日韓で政治的にも竹島問題や慰安婦の問題であまり良いニュースはありませんが、僕の感じた限り韓国人は日本人が、そして日本が大好き^^

日本の製品をこよなく愛し、あこがれ、価格が高くても日本の商品大好きって感じが良く伝わってきます。
それこそ沖縄より近い国。

国家同士、もう少し仲良くできればいいのにね?
これからブログも書いていこうと思いますので、チェックしてくださいね^^

| 未分類 | 17:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

それでもパーマがかかりませんか?

一昨日、久しぶりに矯正をさせていただきました。
ずーと昔からのお客様で、どうしてもとお願いされて・・・・

少し特殊な髪といえばそうなんだけど左後ろだけ、そうだなぁ20本くらい肩下くらいのロングなんだけど中間で髪が1回転してるの^^
結ばってる訳じゃないんだけど直径2cm位の輪になってる毛髪が固まりで20本くらい^^

説明するのは難しいけど、お客様に聞くと最近そうなるんだって。

髪質的には細毛で水に濡れると軟毛で癖がある。
いわゆるビビリやすく、失敗のされやすい髪っていうか。

厄介といえばそうなんだけど、最初静電気のいたずらなのかなぁって思ったけど、実際見せていただくともちろん今の時期なので乾燥による静電気のいたずら、これはシャンプートリートメントを使っていただければ抑制できるんだけど、どうやらシャンプー後、髪が引っかかっているのに目の細い櫛で無理やり引っ張ってできてしまったような髪。

スプリングを無理に力を入れて引っ張っちゃって、その伸びた髪が収まるところがなくて丸まってしまったような感じ。

特に気にせずそのまま施術させていただきましたが、
「もし施術後、治らなかったらここだけトリミングしましょう」って事でこの一部分だけ取り分けてビビリ毛に還元トリートメントをする要領でやってみたら完璧でした^^

今朝もメールで
『いい感じですよ~』って(笑)
はじめてみたケースだったので紹介してみました~

さて本題の2回目、3回目になるとパーマが上手くかからなくなってくる理由とは?
これは一言で言ってしまえば、パーマ剤が反応するところが少なくなっている、なくなっているという事。

2欲式のパーマが主流な現在、美容師の2剤の使い方が悪いのか、それともパーマというものは元々そういうものなのか?答えは難しいけど、僕らがパーマを考える時、1剤でシスチンに反応させカールをつけ2剤で中和させそのカールを固定する。前処理もなければ中間処理、後処理もないとすると再結合するシスチンが65%といわれる。
次回のパーマ時にパーマ液が反応するところは100%ではなくて65%に減少するという事。
仮に3回目になると65%の65%は42%とどんどん少なくなる。

これはあくまで机上での計算なのだけどね。

髪の強度もそれに比例して弱くなるって考えるんだけど。
でもあくまでこれが標準値で、1剤をオーバータイムさせてしまったり、2剤の操作が間違っていたりするとこの標準値を当然ながら下回ってしまう。

この現象がシステイン酸の増加と言われてみたり、混合ジスルフィドとして還元剤がシスチン、ないしはシステインと結合してしまうからなお更、パーマがかからない。

逆に1剤のカールチェック後、還元剤を洗い流し、そこに高分子のケラチン類とあわせヘマチンなどの架橋をしてあげると90%近くまで上がるのもまた事実。
ウェーブのダレも少なく、手触りの悪化もない。

何度かかけてしまえば当然こういう現象が起きるわけです。
何も考えていないとはいいませんが(笑)

やっぱり還元剤をもう少し知っていただきたい。
パーマ液はひとつではないし、同じ還元剤でもpHや濃度によってもまた違います。

システアミンなどコスメ系の還元剤に火が付いたのもここに理由があります。
システアミンをはじめチオグリセリン、スピエラもそうなのだけど、これらの還元剤はチオやシスに比べ毛髪内で混合ジスルフィドを生成しずらいという理由があります。

これまた語ると長くなりますが(笑)
また従来パーマ液と反応するシスチンも違う事からダメージした髪でもカールを付けたり。ダメージして弱った髪が還元されて強度もまし手触りも良くなるトリートメントができるわけです。

みんなでもっともっと勉強しましょう^^
そして技術も高めましょう(笑)

きれいになって喜んでもらいたいってこの仕事選んだのだから・・・
お客様の笑顔は最高ですよ~


その時、施術する際のことだけではなくて、この先の事も考えながらの薬剤調整、薬剤チョイスができる美容師さん、素敵です(笑)

| 未分類 | 12:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お問合せはこちら

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
といいつつもう2週間以上過ぎていますが^^

新年に向けて何か目標を立てている方も多くいらっしゃるのでは。
そんな僕はといいますとたくさんありすぎて書けません^^

まずブログの更新^^
これに尽きるのではないか?

頑張ろう^^


そういえば年明け、WEBショップの注文の流れに大きく変化があったような気がします。
去年1年このWEBショップに本当に力を入れてきましたが何となく落ち着いてきた気がします。
それというのも去年1年は@コスメなどの口コミで新規で購入されたお客様が多くいらっしゃいます。

この口コミの効果は本当に凄い^^
ビックリしました!

ただ、口コミの評価が高くてもそれが万人の方に合うわけではないから。
リピート率を4ヶ月間で集計すると40%弱、これはかなり優秀なのだと色んな方面の方から言われますが・・・

昨年の暮れにいくつかやってきたプロモーションを一切止めました。
新規に購入される方はもういないんじゃないかなって思っていましたが、そうでもないの^^

もう一点は本当に気に入ってくださっているお客様が残った感じ、かな?
ブログ書かない代わりにメルマガで業界の裏話とか、あまり聞かないようなお話の内容を吟味して配信したり。

そして最近の傾向は業務用でリピート(笑)
断然お徳ですもんね。

業務用商品なので合計額で60,000円以上になってしまうお客様もチラホラ。
本当にありがとうございます。

だから、ついあれこれサンプル差し上げたり使い方の説明にも力が入っちゃって^^


あともうひとつ感じている事。

それは天使シリーズのヘアケアを販売させていただいて感じるのは、本当に熱烈なお客様が多いという事。
電話やメールでの問合せもたくさんいただいているんだけど、一番多いのがエクセルパティエンスの導入サロン教えてくださいってことなの。

それはなぜか?

お客様の会員登録のとき簡単なアンケートのも答えてもらったりしていますが、やっぱりお家でシャンプー、トリートメントしただけなのに髪の違いがわかるからでしょ?

そうするとカラーやパーマなどでのダメージの事や、クセ毛の悩みなど今まで悩んだ事が解消されるのではないかって思ってしまうらしいんだけど・・・・・

ご紹介できるエリアであれば喜んでお教えしていますが、悲しいかなほとんどのケースで導入店がない^^
ご紹介できないのが少し情けなく、悲しい気分になったり・・・・

中には何時間もかけてK-dashまで来てくださるお客様もいらっしゃるのですが、それでも限界があります(TT)

だから今年の目標はもう少し導入サロン様を増やそうって結論!
それに向けての準備、着々と整えています。
もし、あなたのサロンにエクセルパティエンスのご案内が届きましたら遠慮なくお問合せください。

そして商品のこと、セミナーの事、使い方についてなど遠慮なくお問合せください。

商品の導入について

新年早々、営業って感じのブログ記事ですみません^^
次回『パーマや縮毛矯正の2回目以降の連用で気をつける事』

早急にUPします!

| 未分類 | 13:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パーマを連用するとかかりが悪くなる?その訳!

なかなか更新できなくて・・・
これじゃダメって思いながらも激務が続きついブログは後回しに(笑)

こんなブログだけど楽しみにしていて下さる美容師さんがいるってわかっているのにね^^
ほんのわずかな読者の方たちにのためにも少しづつ記事にしていきますのでよろしくお願いいたします。


今年もあと1週間、なんだかブログも書けずにモヤモヤしていて今日は早朝から思いついたようにPC
に向かっています(笑)

たいした記事はないんだけど、最近導入してくださった美容師さんからの質問。

パーマや矯正って初めは上手くかかるのに、2回目、3回目になると一番初めにかけた時に比べ全てにおいて出来が悪い気がする?って。

こんな疑問お持ちの方が多くいらっしゃいますよね^^
セミナーなどではよくお話させていただいているのですが、これにはちゃんとした訳があるんです。
この訳を理解していれば薬剤の選択も違ってくるし、施術の仕方も自ずと変わりますよね?

僕の知る限り縮毛矯正で2万円以上取るような都内の美容室。
還元剤もワンパターン、工程もどんな髪の方でも一緒^^

お客様が可哀想すぎます

続きはまた次回で!

| 未分類 | 06:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もう少しブログ書かないと^^

社長もうブログ書かないの?
最近以前のような意欲が沸かない(笑)

でもかれこれこの『社長のひとり言』は8年連載してるんですから当然愛着だってあるし・・・・
最初は美容業界や化粧品業界の疑問だったり、時には憤りだったり怒りもあったかな?

共感してくださる方も多くいてくれて感謝する一方で業界からの風当たりも強く感じたのもまた事実。
一時閉鎖したこともあったよな~(笑)

でもやっぱり僕らしく言いたい事をズバッと切る。
人がなんて言おうとやっぱり続けるべきじゃないかって。

先月久々に大阪に講習&問屋さんとの商談も兼ね行ってきたんだけど。

そうだなぁ、もうかれこれ2年、3年経ってるかもしれないけど久々に逢った美容師さんと一番のお得意様である神戸の美容室の店長と3人で和気藹々と焼き鳥屋に。
二人とも30代半ばで新婚さんで羨ましかったけど。

ずっと離れていたけど妙に距離感が近い^^
美容師として技術的なお話が主だったかな?
酔っ払ってましたから内容までは覚えていませんが、でもおれたち繋がってるな~って(笑)

相手だってきっとそう思ってるって確信したもん(笑)
講習時にはまだ20代の若い美容師さんもいて、いつもブログ読んでくれてるって、もっと勉強して一流の美容師になりたいって目が輝いていた参加者もいて・・・・

モデルさんもそう、クセが強い髪で今まで美容室で縮毛矯正かけても心から良かったって思ったことがないんだって。会場をお借りしたサロンさんは導入店ではないから言っちゃいますが^^
最初カウンセリングのレクチャーしてる時思いましたよ。

『よりによってこんな難しい髪質じゃなくても』いいのにって(笑)

細毛でコンマ6くらいかな、太さは?
クセは捻転していて戻りやすそうな髪。
その上お家でセルフカラー。
水に濡らすとテローって。

このモデルさん、縮毛かけて今まで根元から切れちゃうってのが悩みだったらしいけど、やっぱり切れてしまうような施術をする美容師が多いって髪見て納得^^
でもね、帰る時参加者全員でお見送りしたんだけど、何度も何度もこちらを振り返ってお辞儀してくれて、もう振り向かないだろうって思っているとまた振り向いてお辞儀して。見えなくなるまで。

余程嬉しかったんだと実感しました。
そんな接客術みたいなものを何とか若い人たちに伝えていかないとって・・・

だから

あ~、俺ももう少し頑張らないとなぁってつくづく思った


しばらく記事書いてないしだいぶ読者も離れてしまったけど、これからも面白い記事探して書いていこう^^

それにこの業界って新しい風や波が吹いているようだけど、でも意外とそうではなくてずーと受け継がれなくてはいけない職人の技術のほうが多い気がしたんだよね。
薬剤を使ってデザインするからなお更ね^^

確かに目新しい薬剤もないんだけど、でも誰かが何とか火付け役になって盛り上げてって。
そんな世界がここ2,3年、嫌でしょうがなかったけど最近何となく吹っ切れてきたような。
もう少しってとこかな^^

今年もあと1ヶ月、頑張りましょうv

| 未分類 | 11:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

11月18日(月)久しぶりに関西にてセミナー開催します!

11月18日(月)場所は宝塚駅徒歩1分:hair&makeAFFETTOさんにて勉強会を開催します。
本当に久しぶりにやる講習なのですが、縮毛矯正について基本的なことを一から学びたいって方が今までにも本当に多かったのですが、会議室などをお借りしてプロジェクターなどで説明する講習ば何度かやってきましたが実践的な講習会というのは場所の関係もありなかなか実現できませんでした。


ある程度まとめて購入していただいたサロン様には今まで勉強会と称してモデルさんを用意していただき、そこで実際施術を見ていただいて薬剤の調整だったり、塗布からアイロンワークまでご説明をさせていただいていましたがそれ以外のサロン様には、なかなか見ていただく機会が持てなかったので本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした^^

やっと念願かなったという感じです^^

もちろん関西圏はそれなりに導入されているサロン様も多く、私自身足を運んで個別に講習会もたくさんしてきました。以前導入の講習をしていただいているサロン様ももちろん確認の意味を込めて再度参加していただく事も大歓迎です。

詳しくはこちらをご覧ください。


縮毛矯正のケミカルと実践編

定員になり次第締め切りますので希望の方は是非お問い合わせください。

お問い合わせは大瀧まで

| 未分類 | 19:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オークション

世の中にはとんでもない人がいるんだね?
本当にビックリした^^

自分の会社の商品が無断で勝手にオークションで売り出されていたら・・・・・

信じらんないでしょ(笑)
でも笑い事じゃなくて。

無料で商品をプレゼントする代わりにモニターさんにブログで使用感など記事を書いてもらおうと、考え甘いかな?

今日気がついて、警視庁のインターネット犯罪なんとかという部署に電話したり管轄の警察に電話したり。

笑っちゃうでしょ。
でもそれだけ知名度上がってきたって。

モニター募集に参加してただで貰った化粧品を1回使って(笑)
ヤフーのオークションで1割引で売ってるの。


ちょっと落ち込んだけどそれより明日セミナー、がんばろう^^


           挨拶文



進行はこんな感じでギッシリ内容の濃い勉強会にしようと思います!

       工程表


          

関西でも同じ流れで勉強会しようと思ってます。
関西の方もう少し告知お待ち下さい^^

| 未分類 | 18:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

少しプレッシャーを感じています

サロンさんから注文いただく際、備考欄に大阪でのセミナー楽しみにしています^^
なんてメーセージいただくんですが軽いプレッシャーを感じています。

今日も午前中大阪の専門学校にTELして

『セット面とシャンプー台お借りできませんか?』
東京のメーカーですが美容師さん向けにセミナーをやらせていただきたくて・・・・・

『何と言うメーカーですか?』
はい、エクセルパティエンスと申しますが^^

『知らないですね~、卒業生とか関係者で当校出身者もしくは紹介はありますか?』
いいえ^^

『ちょっと難しいんじゃないですかねぇ』

難しいよね、僕もそう思います^^
だって大阪に取引させていただいているディーラーさんがあるにもかかわらずセミナーなんてまったく予定ないんだから困ったもんだよ^^
まして新大阪にいい会場持ってるのに(汗)

理論講習なら貸してくれる会議室たくさんあるのでいつでもセミナー開催が出来るんだけど、今回は技術の勉強会なのでシャンプー台がないと。



もし場所の提供してもいいよ、とおっしゃっていただけるサロンさんがおりましたらご連絡お待ちしています^^

こちら



東京は9月3日(火)に練馬石神井公園のK-dashにて開催予定です。

セミナー案内



もう3年も商品使っていただいているのに、最近矯正にはまってしまって面白くてしょうがないサロンさんもいて(笑)

基本操作からお願いしたいっていう要望ば意外と多いんです^^

美容師さんなら皆解かっていて知ってるだろうなって思ってること再確認のつもりで聞いてみると意外とこういう事項は喜ばれたり・・・・

あとこの夏からパティエンスの商材一部導入してくださり、お店で縮毛矯正を主力にしたいからって・・・
やっぱり縮毛矯正を上手に出来るように商品が増えていったので使ってくださるサロンさんはこれをしないのはもったいないですよね^^

それにどんなに良い還元剤や薬剤使っても基本操作が出来なければクセは伸ばせないし^^
ブラシワークひとつでクセ戻りしない矯正ももちろん出来るんだけど、ツインブラシのブローワークやアイロン操作が下手だと強烈なクセのお客様は絶対に対応できないと思うしね。

クセを伸ばすよりアイロンの熱で逆に傷んでしまったりね。
だからできる方は再確認の意味で参加していただきたいし、できない方は課題をご提供しますのでトレーニング材料にして技術を磨いていただければ嬉しいし。

8月に入ってすこし容器の確保が出来ましたのでこれを基に縮毛矯正に力を入れたいサロンさん是非お問い合わせ下さい^^

お問い合わせ先

縮毛矯正は不得意なサロンさん大歓迎しますよ。
それと以前限定で発売させていただいたお試しセット。


還元剤お試しセット

量は少ないですがこれ、フルセットなのでカラー、パーマ、縮毛矯正までカバー出来ます。
価格は¥49,800です。
写真では解かりませんが全部で21品目ありますのでかなりお徳だと思います(笑)
トリートメントはもちろん、カラー、パーマ、縮毛矯正の基本的なマニュアルと、毛先の質感を出したりビビリ治しのマニュアルなども差し上げますので是非ご連絡お待ちしております^^


お問い合わせは
こちらまで!

| 未分類 | 16:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あえて書きますが^^

前回あんな記事を書いたせいかサロンさんにパティエンスは新しい還元剤出さないのですか?
今話題ですよね【GMT】って・・・・

まあこればかりは好みの問題もあって言い悪いはそれこそ使った方しかわからないと思う。
また髪質の問題もあって良い悪いって言うのもあるのだと思います。

昨日もパミーラなど還元剤をお願いしている会社の専務と少しこのGMTについて話したんだけど、パーマ剤については数年前にスピエラですこしズッコケた感はあるけど、今のシステアミンの出荷量は右肩上がりだと。
少し記事にして僕なりの考えも書いてみたいと思います。

スピエラは使用の際、用事調整をするわけだけどまず保存が利かない。だから使う美容師さんによっては多く作り過ぎてしまうと保存が利かず無駄も出るのだと。スピエラの構造上最初から混合液にしてという商品は当初なかったはずなんだけど次第に混合液の商品も後発しています。
昭電さんでもその後の所見で混合は可能、しかし還元度で2%のロスが生じるとはっきり言っています。
スピエラの五員環の構造上、水に溶かしたとき分解して開環してしまうそのため使う直前に混合するっていうのがセオリーだったのだけれど後発で発売されたものは初めから混ざってるやつ。

これは先に言ったように後から2%のロス分を差引いてもらえれば問題なしというもの。
どういうことかと言うとたとえば還元度4%のスピエラをプレミックスタイプとして作った場合、実際の還元度は2%のロス分を差し引くと2の%還元濃度の商品になるということ。6%のスピエラをプレミックスして販売するには実際8%で作ってそこから2%マイナスさせるということ。

でもスピエラ、原料でチオグリコール酸の何倍するのって考えたときコストはどうしても高くなってしまうでしょ?初めからロス分を引いてるわけだから。

話がそれてしまいましたが3年位前にチオグリセリンを何とかできないかって試作したときについでにサンプルと資料もらったので書庫の隅にあったものを引っ張り出して少し見返してみました。

当時は還元剤なら佐々木化学っていう頭しかなくてサンプルを直接Asahi化学さんに取り寄せた記憶があります。
そのときに一緒にチオグリコール酸グリセリル(グリセリンモノチオグリコレート)も少しだけですがいじった事があって、でもこれはあくまでも資料に基づいたレシピの元試した結果で、現在のGMTとは処方も違うのかもしれないけど^^

このGMTもまた佐々木さんではなくてドイツの会社の日本法人だったような気がします。
そしてサンプル品と一緒に送ってきたのが試験成績表と簡単な配合レシピ。パーマ剤としてのレシピですが当時日本法人ができたばかりという事で問い合わせた担当者があまり詳しい人ではなかったのも事実なので、3年も前のものだから今話題のGMTとは配合方法が少し違うのかも知れませんが許してください。

GMTは用事調整?っ言って良いのかわかりませんが2つに別れています。
①が活性剤と称して還元剤の主剤になりますが
チオグリコール酸グリセリル      980ml
グリセリン               20ml

②はpH調整液
モノエタノールアミン  99%              120ml
チオグリコール酸アンモニウム59%            115ml
ジチオグリコール酸     48%            110ml
ラウリル硫酸アンモニウム                110ml
脱イオン水                       3000ml
使用方法は①活性剤10%にたいしてpH調整剤を80%30℃~35℃にて混ぜ合わせ15分から20分放置、加温の必要なし。っていうかこれ写真載せたほうが早いね(笑)

GMT.jpeg
 
でもこれって昔からあるベル○ュバンの酸性パーマじゃないの?
pH調整液といっても立派なパーマ剤でしょ?これでパーマかかるでしょ?
モノエタとTGでしょ?
全体重量3500ccとしてチオグリコール酸120mlというと還元度は1.6%になるのかな?
アルカリ度はどれくらい?

正直なんだこれっって思ったの覚えてるけど、そのころダブル還元って一部の美容師さんたちの間で流行っていたみたいだけどまったく興味なかったから見過ごしちゃったのかもしれません。

そしてこれは他の還元剤のメーカーさんからいただいた資料で12種類の還元剤のギルビー法のウェーブ測定。

w2.jpg


pH9とpH7の同還元剤のデータ。当然パーマはアルカリ剤が傷みの原因ということになると考えられていて、従来のチオグリコール酸でいえばpH9とpH7ではたかが2という数字だが、毛髪にかかる負担は200分の1になるって。これは連用したときの強度実験から。

誤解のないように断っておきますがウェーブ剤の王様はやはり手ごろなのもあってチオグリコール酸って事。
だから他の還元剤もチオグリコール酸の還元度7%に準じた調整をし、統一しなければならない。 

チオグリコール酸水溶液14.0gという事は単純に50%が原液な訳だから7%になるでしょ?
還元度は分子量を元にしてビュレット滴定して算出する関係で分子量を元に各還元度を算出し統一性を出しています。

そして結果はウェーブ効率の濡れた髪と乾燥した髪。ウェーブ保持率とは処理した毛髪を24時間ぶら下げた後33~35℃の水に20分浸し乾かしたもの。

w1.jpg

でもこれレシピが違うでしょ、わかります?
調整液じゃないからウェーブでない^^
自分のところの取扱じゃないから配合知らなかったのかな(笑)
ウェーブ激落ちでしょ?

特質すべきはほぼ①の主剤だけでかけたという事かな?
本来はPh調整液入れないと特性は出ないと思うけどわざとやったのかな研究員さん?

それと気になったのはウェーブ保持率で1度洗った後のウェーブのダレ感かな。極端に減少して他の還元剤はここまでダレていません。

w3.jpeg


酸性のパーマ液って事なんだけど確かに主剤である①の活性剤はそうかも知れない。でも②のpH調整剤は明らかにアルカリ剤な訳だから通常で考えても混ぜ合わせた直後はアルカリに引っ張られてほぼpHは9を指していたような?

ディーラーさんのHPやブログにはこのGMTは中性からアルカリに振ると還元剤が分解されウェーブがダウンするって説明だけど、ほんと僕はこのGMTのメカニズムはまったくわからないけど、施術直前に混ぜる意味があるわけでもし分解させて効果を発揮するのであればスピエラと同じ様になんらかの弊害が生まれるのかも?

臭いはまったくないっていってるけど、スピエラは混合すると水に溶けて分解され五員環が外れ、本来は両親媒性なのに親油性になる。力のなくなった還元剤が毛髪に残りいつまでも匂いの原因になり毛髪に残存するって言われてるよね。当時他店で矯正やパーマをスピエラで失敗してってお客さま多かったけど共通してるのがシャンプー後のメルカプタン臭。店中この臭いになっちゃう(笑)

結局美容師が悪いってことになる。理屈もわからないで回りがいいって騒いでるから使ってみた。あ~なんだか感触がいいみたいって最低の仕事してません?


やっぱりやり方につきるのかな?
システアミンにもいえることだけどパーマ剤はこれ1本って事ではなくて、還元剤にはそれぞれ良いところも悪いところもあってお客様の髪を見て適材適所で使えなければ宝の持ち腐れって事。

いずれにしてもまた長い記事になっちゃいましたのでまだ書きたい事もあります。
バカちょんハイブリッドという事で、また次回^^

| 未分類 | 17:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

間違いだよね^^

つい最近のお話を少ししようと思います。
こんな問い合わせ^^

『他店で縮毛してビビッてしまったお客様が来店、ビビり治しという事で施術したみたいなんだけど益々酷くなってしまったってメールから凄く焦っている様子なの。

最初に断っておきますがパティエンスの導入サロンではないんだけど^^

他のメーカーの商品は今全然わからないから(笑)
でもへナでトリートメント?
ヘナでビビリも治るって???

後はわからない単語がたくさんで・・・

ウォーターB?
カチアニ?


なんだぁ?

『誰かと間違えての質問だよね』

さらに『架橋は全体にBジェ ル、毛先R2+、全体にCMC』
そのあと、いつもの酸性矯正剤。まず根本ph6.5のパワー100の薬。中間にパワー25のph6,3の お薬。毛先がパワー10のお薬って誰かと間違えてません(笑)

でもこの文みてピンと来る方もいるんでしょうね?

ビビッたのは僕のせいではありません^^
使った薬剤のせいではないでしょうか?

根元にpH6.5?
ぼくなら絶対にしないかな(笑)
酸性矯正剤ってどんなものかはわからないけど、電話番号書いてあったから電話してみたら

『うちは関係ありません。間違い電話じゃないですか?』
って電話ガチャッって切られる始末(爆)

きっと自分が間違えてメールしちゃったのに気づいたんでしょう?
まあ確かに関係ないけど、お客様カワイそ~

って事でこのブログ見て

●縮毛矯正を少し勉強したい・・・・・
●今のやり方で本当にいいんだろうか?ベストなのかなぁ?
●他店で断られたお客様でも縮毛矯正できれいにしたい・・・・
●髪がダメージしてるけどどうやって施術したらいいんだろう・・・

その他何があるかなぁ?
あげればキリがないと思うけど。

とにかくきれいな髪に仕上げたいけどどんな方法があるの?
なんて思われている美容師の方是非連絡下さい。
容器が入ったのでまたお試しセット個数限定ですが販売します。
少人数で営業されているサロンさんやどんなものか試してみたいという美容師さん^^

これで縮毛矯正、パーマ、カラー、トリートメント、ビビリ治しまで何でもできます。

お問い合わせはこちらまで

ちょうど9月の第一週、まずは東京で縮毛矯正の勉強会を開催します。
実際に薬剤調整から塗布、ツインブラシの使い方やアイロンワークまで。
それが見たかった~って勉強会にしたいと思います。

こちらのほうも少人数で10名くらいでやろうと思ってます^^
時間は13時~18時くらいを予定しています。
また勉強会の後親睦会なども予定していますので気になった方は是非お問い合わせフォームよりお願いいたします。

| 未分類 | 18:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

セミナーやりたい^^

今日はいくらか涼しいですね?
日本列島は横に長いから東京だけかな?


最近、もう少しブログを書かないといけないかなって少し反省しています。
パティエンスの商品使ってくださるサロンさんとは導入時にはお会いして商品の説明とか、使い方それと実際にモデルさんに営業時を想定してデモンストレーションしたりするんだけど・・・・・

でもそれが終わってしまえばまったくといって良いほど連絡の必要性がなくなってしまうから。

元気でやってるんだろうなぁ?
うまくつかえてるんだろうなぁ?
気になったときにはお電話させていただいたりするんだけど、昼の営業時間は接客もされてるだろうし電話に出る事が難しかったりで、つい疎遠になってしまって本当に申し訳ない気持ちで一杯なんです^^

心のどこかで繋がってると思っているんだけど、インターネットは便利な反面人とのコンタクトを邪魔してるんじゃないかって思い始めてるの。

だから初心に帰ってというかほぼ100%のサロンさんはこのブログから発信して、お付き合いさせていただいているのだから誰に気兼ねするもなく今までしてきたようにズバズバ本音言って(笑)
本当にコミュニケーション不足です、ゴメンナサイ^^

最近取引を始めたあるサロンの美容師さんから『社長のブログ、本当面白いっす』って(笑)
最近矯正の塗布の事書いてるのも彼のため?じゃあないですけど楽しみにしてる美容師さんがいるのだからって奮起してまたやる気出そうって暗示かけて^^

名前の通ったある美容師さんが前処理をはじめPPTとかその類の処理剤はもう古いって?
傷まないようにパーマやカラーをする、新しい還元剤を初めとした薬剤を使い傷ませないので施術するから処理剤はいらないって!

完全に喧嘩売ってるなって(笑)
百歩譲ってもしあなたにそれができても大多数の美容師さんがそれをしたらって考えると恐ろしい・・・・

髪って男性も女性もその人を印象付ける大事なものだから、もちろん美容師さんの仕事は似合うようにアドバイスしたりデザインする事なんだけど、素材を気にしてあげられてケアしてあげるのも大事な仕事なんじゃないのかなぁ?

最近僕はパティエンスの商品を使ってくださっている一般の女性の方とやり取りする事が多いんだけど、自分の髪に対して、そして使うヘアケアに対しての関心度は半端じゃない。それに答えなければいけないとつくづく思う今日この頃。

これから秋にかけ縮毛矯正の実践テクニックという事でモデルさん使っての施術セミナーも予定しています。
会場が押さえられたらってことなんですが東京、大阪、名古屋でもできたらいいなぁ?

| 未分類 | 18:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

根元1cmあける意味

やたら暑い^^
もう梅雨明けだなんて今年梅雨はあったのだろうか?
今雷鳴ってメチャクチャ雨降ってます(笑)

ひと段落したのでブログ書こうとPCに向かっています。
昼のニュースで景気回復?って、ホントなんだか^^

関係のない話だけど美容室でのパーマ比率はこの10年、毎年マイナス10%以上減少なんだって・・・・
今取引している会社も工場を閉鎖しちゃうっていうし。
パーマのうちには当然縮毛矯正やストレートも入ってるんだけど、なんか悲しい、虚しい。
誰かのせいにしたくないけど業界全体が悪いんじゃないかなって^^
業界に規制をかけてまた外してって自分の首絞めてる気がしてならない^^

挙句に若い美容師さんたちのパーマ離れ。美容師が好きじゃなきゃゲストにも薦められないし、パーマかける人が減るのは当たり前なのかな?
やり方使い方のレクチャー、やっぱりパーマ液販売しているメーカーが美容師さんに好きになってもらうような努力が少し足らなかったのかも^^

勝手なひとり言でした!

前回薬剤塗布という事で下手なイラスト↓↓↓

shukumou_.jpg



これ一番強いクセの部分に一撃をってつもりでしたが少し訂正させてください^^
注意事項の一つに

「根元まで塗らないで」

って事(笑)
何故ダメか?

たくさん理由はあるんです(笑)
まず塗った薬が放置すると吸い込んでしまうの。
まず根元付近はまったくの健康毛。キューティクルをつなぎ合わせているCMCがアルカリ剤の力を借りて侵入経路になっていくわけなんだけど根元の細胞はまったく壊れてなくて浸入する経路がしっかりとしています。
そのため薬剤を髪に塗付すると内部から浸透、浸入していき反応してしまう。これがCMCが壊れていると必然的に経路となる道かないので還元剤は浸入拡散できずアルカリによる膨潤が起き髪がダメージしてしまうという事になる。

ゴメンナサイ、これがセミナーだと1時間は話せるんだけどCMCの話で(笑)
β-Layer、∂-Layerって事で浸入、拡散の様子なんかもわかりやすく。それにダメージした箇所に薬剤を安心して塗布できるように前処理の仕方がわかってくるから・・・
あとね、赤外線のカメラで見ると良くわかるんだけど根元付近の髪の温度も2℃くらい違うのも手伝ってどんどん吸い込んじゃう。こういう事って美容師さんが理解してくると自分もそうだったけどお客様の髪をいじるのが楽しくなっちゃうと思うんだよね。


髪の根元は外側からじゃなく内側から反応させる気持ちかな?


根元ギリで塗ると毛穴(毛根)まで反応して軟化してしまうからここから折れたり切れたりってことになるから絶対に1cmあける!これ鉄則。根元は強気に攻めるのは×ですよ~
心配しなくても根元の1cm部分は塗布してないのにアイロンかければしっかり伸びるんですよ~^^


ここまで書いちゃったけどPPTでの前処理について触れてませんでした。
次回PPTの意味っていう事でまた!

| 未分類 | 18:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

薬剤を塗りわける

よくあるパターンという事でお話します。

縮毛イラスト

縮毛矯正を頻繁にされる方の典型的なパターンというのはこの図のような根元側に5~6cm自毛の縮毛、それより先は既存部として以前伸ばしている箇所。
ここで一番良くない例として既存部の締める割合が多い事から対象部分を既存部にもっていってしまうこと。
得てしてこういうお客様はご自分のもともとのクセを伸ばしたいと思っているのだからこの部分が伸びなければ意味がないしクレームの対称になり、あの店は上手じゃないって事になってしまう・・・・

根元の部分をきれいに伸ばし、尚且つ一度矯正している既存部の手触りだったり柔らかさを出せればいい訳なんだけど、じゃあどうするか?

『塗布する薬剤を別ける』

という事になる。

まず下処理になりますが、髪から余分なものを落としてあげる。落とすというよりもフラットな状態に戻すという考えのほうが〇。

残留物だったり髪のpHだったり、この場合も美容師が考える事は色々あるのですが要は塗布した薬剤が必要以上に反応したり、又は効かなかったりという事を避けなければならないわで、髪表面のセット剤などシャンプーで洗い流せばという安易な考えで行う施術とは大きな開きが出てきます。
まず自毛部分の縮毛。

shukumou_01.jpg


図で説明しているので上手く伝わるかわかりませんが・・・・・

本当はセミナーで塗布の仕方を間近にお見せできればわかりやすいのですが、髪の持ち方や指の置き方なんか参考になると思います。また根元ギリギリまで塗るのか?
どこまで攻めるの?
とかね^^

よくある質問としては軟化はどう見てますか?
これもいろんな美容師がいろんなことを言ってるから(笑)

次回~

| 未分類 | 11:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

縮毛矯正薬剤塗布

先日立て続けに結婚された方が3人いておめでたい^^
かと思うといつの間にか離婚してる友人もいる(笑)

あるサロンさんはパティエンスに出会う前は400万そこそこだった売上がたった3年?それとも3年もかかってしまったと言って良いのか(笑)
先月梅雨時期という事もあって倍の800万達成ですって^^
それもスタッフさん5人というから驚きです。

でもいい事ばかりでなくて同じ商品使って同じことやっても閉店してしまった所もあるし・・・・
まあ難しいよね^^
今とっても複雑な心境、なんか胸が痛くてモヤモヤしてる、何かできることないかと思って・・・・

業種は違うけど倒産してる会社回りにもたくさんあるし、配送センターのすぐ前の会社も倒産してしまって昨日今日で引越しやってるけど跡地は何になるんだろう?

まあ今できることは初心に返ってしっかりやろう・・・・

そんな事よりだいぶ間が開いてしまいました。
縮毛矯正の現場の感?ポイント教えてって美容師さんが意外と多いからブログの書くしかできないんだけど

『毛髪理論はもういいから』って語りたい人に任せておいて社長は現場の細かいところ、要点を教えてくれへん?
急に関西弁ですが(笑)
ズバっと物いってくるのは関東よりも関西だもん^^

って事で矯正時の薬剤塗布。
誰でも簡単に使えて失敗しない商品開発?

本気で考えたんだけど・・・・
例えばカメラ。
バカチョンなんていうんだけど勝手にピントがあってシャッター押すだけの便利物。
でもそんなものばかり売れるとは限りません^^

高級一眼レフカメラが売れてるんだって、それも昔ながらのテクニックを取り入れてバカチョンでは取れないような写真がいいんですって。
なんか美容室の動向に似てると思って(笑)

二極化って言うんだけどこれは価格に対して?サービスの内容や質の良さを求めているお客様って意外と多いのにビックリします。
ちょっと前にリラクゼーションサロンって贅沢にリラックスできる場所って流行ったけどこれメーカーの仕掛けだから(笑)
1台100万円もする高額なシャンプー台が飛ぶように売れる。
それに付帯するメニューの提案。

私もその策に乗ってしまったひとりですが(笑)

一言いいたい^^
いい仕事しようと思って商材色々揃えてお客様に喜んでもらおうって始めても途中からこれとこれは省いてコストダウン・・・・
だったら初めからやらなきゃいいのにね^^
それにパティエンスでなくてもいいんじゃないかと思うけど。

売上下げてる原因、この辺じゃないかなって!

薬剤塗布、次回~

| 未分類 | 12:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久々のサロンワークで

社長のひとり言で久々にブログ書いたけどやっぱり長年続けてきているだけあって更新するとアクセスの伸びが違います(笑)

こうレスポンスがいいとやっぱり書きたくなっちゃう^^
美容師さんにもまだまだ情報の発信もしたいし・・・・

ってことで先日サロンワークしたときのことでも書いてみよっと!
パティエンスの導入してくださったサロンさんで以前矯正していて、小学生の頃から縮毛矯正しているから良さがわかるんだっていうお客様。

最初やったときビックリしたって・・・

『私がやってきた今までの矯正はなんだったの』って(笑)

東京に戻ってきてどうせやるならってことでパティエンスの天使シリーズをネットで検索してくださって、直接メールいただいて実現した施術なんです^^


そこまで言われたら本家本元としては黙ってられないってことで久々に楽しくサロンワークさせていただきました。取引先の若い美容師さんたちにも何かヒントになればと思ってブログに書いてみようと思って^^


まず下手なイラストですが

縮毛イラスト


3ヶ月前に縮毛矯正してて太さは標準。さすがに導入のサロンさんと感心しました。
既存部分ダメージはほとんどないから。

2年位前に導入されていて講習にも伺ってるんだけど、最初はチンプンカンプンだった様子だったのを覚えています。縮毛矯正をモデルさん使ってやったんですが、僕は前の晩呑み過ぎちゃって朝からトイレに駆け込む有り様(笑)

夕方まで体調悪くもうしわけなかった記憶しかありません^^
でもがんばってここまでできるんだなぁって、本当に感心しましたよ~

話が戻りますが先日やらせていただいたかたのイメージはこんな感じ。
5~6cmに地毛のうねり、そこから下は縮毛矯正をしている長さ的には55cmくらいかな?
肩甲骨の下辺りまでのロング。

髪を触診してみて肩下はどうしても『バリっ』ってしてる感じ。硬くなってるって表現がいいかもしれません。


本来美容室でクセ毛を真っ直ぐにっていうお客様がいたとしたらイラストのバージン部分の5~6cmだけする?
何度も縮毛矯正をしてる部分はこれ以上やっちゃうとビビリそう?

でも僕はそうは思ってなくて・・・・
頭皮に近い5~6cmの縮毛部分はきれいに伸ばし、何度も連用して硬くなってる部分は柔らかくしなやかに(笑)
そして自然なストレート^^
これがパティエンスの縮毛矯正なのって^^


こんな事実際できたらお客様感激してくれますよね^^
ブログにこんな記事書こうと思ってなかったので写真撮りませんでしたが^^


今から用事で出かけてきます^^
また夕方続き書ければいいけど・・・・

| 未分類 | 11:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久々の更新

ブログはもう書かないの?
そういうお問い合わせが多かったのですが本当に久しぶりの更新^^

気まぐれなので勘弁してください。

毎年思うけどイヤ~な季節。でもこの雨を待っている人たちもいるんだもんね?
雨不足、深刻・・・・・


しばらくブログはお休みしちゃいましたがその間お問い合わせいただいた方にこの場をお借りして感謝します。
一般の方からのご質問の多くは

『もっと髪キレイにしたい・・・』

そうだよね、髪が綺麗だと嬉しいですよね^^
今までにも冬場の乾燥や静電気予防にシャンプーにハチミツ混ぜて、みたいなお話もさせていただいたり、薬局でハッカ油買ってメンソールにしたり・・・・

今回は髪の表面のアンチエイジング。
ご存知のように髪も日々年老いていきます。
髪は1ヶ月で約1cm伸びると言われていて、普通肩下くらいの長さがあれば30ヶ月前に毛根の中で作られた髪という事になる。その間、お風呂の洗髪、パーマやカラー、ドライヤーの熱、アイロンなどなど・・・・

髪って酷使されても意外と丈夫なものでしょ(笑)
いいかた変えればそれだけ酷使されてる訳だから傷んで当たり前???

ってことで写真のように毛髪の表面のキューティクルが少しささくれてしまってツヤが落ちたり手触りが悪くなったときの対処法です。

13-3.jpg


興味を持った方是非試してください。

写真の表面には少し傷んでキューティクルがリフトアップを起こしています。
リフトアップした隙間に皆さんが普段お使いのシャンプーやトリートメントなどの活性剤やシリコンなどが残ってしまい手触り感の悪化。
ノンシリコンって言う前に、シリコンじゃなくて他の感触を向上させるようなポリマー類が原因なのかな?
どちらかというと。

だからきっとノンシリコンのヘアケア使うより効果的だよ~
それが緑茶のヘアアンチエイジング^^

カテキンが古いキューティクルの角質を剥がしてくれるのでとても手触り感が向上します。
毎日のシャンプーで表面にはシャンプートリートメントの残留物が蓄積して手触り、ツヤ感の低下収まりの悪さを招きます。そこで肌と同じ髪表面のキューティクルをピーリングしてあげます。

また近いうち更新できればと思いますが最近amebaでもブログ書いています。
こちらは美容師さん向けではないからわかりやすいって評判なの(笑)

エクセルパティエンスのクセ毛.com


緑茶の作り方から書いちゃいますね^^
トリートメントの効果が高まりますよ!

記事待ちきれない方はシャンプーする前に緑茶でプレーンリンスしてからシャンプーしてみてくださいね?


| 未分類 | 12:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

髪の強度

『ダメージ毛に対する施術で一番に気をつけてることは何ですか?』

こんな質問、最近よく受けます^^
でも一言ではなかなか語れません(笑)

車で移動中などは僕自身も『何が一番大事なんだろう』って考える事が良くあります。
髪の修復成分増量しダメージケアなどとCMなど流れていたりするけど、本当に修復しているのか疑問だし、まず何を基準にして『修復』なのか?
オーガニックやノンシリコンが髪にいい?

な訳がない(笑)
悲しいかな生物学や医学などの学問的には髪はいらないものという認識であるが故・・・・・

でも女性にとってはファッションの一部でありでおしゃれを楽しむ上で重要な髪。
その髪が傷んでしまいスタイリングしづらいどころか、自分のイメージがヘアスタイルによってまったく変わってしまう不思議なもの^^

本当に髪って不思議で、黒から茶に変わっただけでガラリとイメージが変わるし、50代、60代の女性であれば白髪を黒髪に染めれば5歳や10歳、すぐ若返ってしまう。
それなのに髪を染めるたび傷んでしまい、髪が痩せて切れて少なくなってしまってっていうのは少し寂しい気がします。ましてお金を払って美容院に行き施術したにもかかわらずって、実際には本当に多いから^^

クセ毛の方もそう、きれいなストレートにあこがれて美容院で縮毛矯正したら髪がチリチリになっちゃったって本当にビックリするほど多いのが現実。

タイトルの『髪の強度』
意外と重要なアイテムなのかもしれない^^

まずダメージを受ける。最初は剤(パーマ剤、カラー剤)などによる化学的なダメージ。そこからキューティクルが浮き上がり物理損傷、紫外線などが重なってやがては剥がれてしまう。
そうなると髪の途中から切れてしまうというのが致命的なの。

髪のダメージを抱え僕に相談に来るほとんどのお客様といっても過言ではないんだけど、朝起きて枕に落ちている髪、それとシャンプー時に落ちる髪、ブラッシング時に櫛に絡む髪、ご本人は加齢で髪が抜けると思ってるの。

『スキャルプやヘッドスパで頭皮ケアしたほうが良いかしら?』
どこで聞いたか?美容師が言うんでしょう(笑)

気持ちい~を求めてリラクゼーションなら悪いって言いません^^
でもこれは頭皮じゃないでしょう(笑)
間違った手当てをしているわけなので状態はどんどん悪化していく。

もちろんその何割かはヘアサイクルとして抜けている髪もあるんだけど、決定的な違いは毛先に毛嚢が付いているかどうか?
髪を1本つまみ手で引き抜くと毛根側に帽子のようなつぼみが付いていると思うんだけど、衰退していって抜ける髪であっても少なからず残っているのが普通なの。
だから僕は言うんだけど、『落ちた髪の両端を見て、つくしんぼうみたいな帽子ついてる?』って

前回ブログでカラー施術時にきしみや手触り感が低下しないようなコツってお話しましたが、このダメージ感に共通するものがやはり強度なんですよね。
今日は少し脱線してしまったんだけど強度が低下する。

この意味もまた深~いの^^
特にストレートヘアのお客様で切れ毛が多いと、もうどうしようもないんだよね^^

1本1本はきれいになっているんだけどどうしても切れた毛先がアホ毛になってしまって・・・・・
このときの対処法なんて聞かれるけど、これはもう根元が伸びて重さが出てこないと解消しないから厄介ですよね?

だからクセ毛用などと称し油脂の多い、ベトッとするシャンプー、トリートメントでこのアホ毛に重さを持たせる類のもので収まりを良くするのも頷けるでしょ?

髪を丈夫にするという事が一番のコンセプトなの。
髪の強度を上げれば当然の事ながら切れづらくなる訳なので、切れてから何とかするではなくて切れない様に工夫をする事のほうが最善策になる、こういう考えが正しいのではないかと思う。

美容師が傷んだお客様の髪を修復するよりも、カラー時、パーマ時に傷ませないように手当てする前処理だったりPPTや脂質の補給だったりして傷ませないように施術する事のほうがやさしいのと一緒なのです!

| 未分類 | 13:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年も残すところあと1ヶ月

1年が年々早くなる今日この頃。

最近、無性にブログを書きたくなって(笑)
実際キーボードに向かうとたくさん書きたい事があるから何書こうか迷います^^

ついこの間カラーに来て頂いたお客様の施術の工程のこと、事細かに思い出しながら書いてみようかな?
迷いながらやられている美容師さんの少しは参考になるかなって^^

それとつい最近の話ですが、3ヶ月に一度ペースでパーマをかけているという取引先のお客様、仕上がりでビビッてしまって・・・・・
頭の中で思い浮かぶ失敗してしまった原因とその対処法なんかも書いてみたいよね?

いっぺんに紹介していくのは難しいから少しづつ書いていきますのでよろしくお願いいたします!


ってことで今日はカラーリング、だいたい自分が担当するお客様は少なからずダメージがある方ですが、元々パティエンスの商品自体マニュアルが無い(笑)
その日の気分って言ったら語弊があるけど、その場その場でコロコロやり方が変わってしまうので勘弁下さい。

そこが魅力でもあり特徴なんですが(笑)

まずカウンセリング、カウンセリングといっても新規で初めて施術するわけではなく何度も見ている髪なのですが、やっぱりダメージもかなりあります。髪の触診して薬剤の選定をするわけだけど、だいたいのケースでビビッたとか、ダメージさせちゃったっていう髪質は軟毛細毛でキューティクルの層の薄い髪質。おまけに少し撥水しているって(笑)

読んでくれてる美容師さん、わかりますよね?
ダメージがいくときは『ドッカーン』っていっちゃう髪質。


次回になってしまいますが、ちょっとしたコツをお話します。
気をつけることというかあまり他ではできない施術かな、あまりそんな事気にして施術する美容師さんもいないと思うのでなおさら価値があるのだと思います。

ってことでどんな事を考えながらやってるのか?
カラーで気をつけること、少し考えてみましょう。


『染めムラが出ないように処理』

『退色しないで色味長持ちさせる方法』

『乳化後シャンプー時にきしみ感を解消させる技術と剤の使い方』


上げればキリがないけど、このあたりが美容師さんから良く質問される項目なのかな?
すべて髪のダメージを最小限に抑えるためにする工程だと思いますが・・・・

がんばって続けて書きま~す!



| 未分類 | 10:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パラベン以外の防腐剤

パラベン類を使わずに化粧品を作るにはまず幅広い菌に効く防腐剤が必要になる。
無添加と称したりパラベンフリーなどといってもまったく防腐剤が入っていないものは一部を除いてはありえない。要するに何らかの防腐剤を配合するわけ。

代表的なものとしてフェノキシエタノール、ヘキサンジオール、それにメチルイソチアゾリノンあたりになるがこれらの防腐力はパラベンに比べるとかなり性能的にも劣り、パラベンと同等の防腐力を持たせるためには配合量も増加してしまうのと、肌や頭皮など対象物に刺激が出てしまうためどうしても難しい。

アクアヴィータのようにいわゆる水が占める割合が70%以上になれば、ベースとなるオードパティエンスはご存知腐らない水なのでパラベンを使用せずともある程度の防腐力は出せるのですが・・・

化粧品の用途、すなわち比較的毎日使用するものならまだ対応できるが、一度使ったらなかなか使用しないものや開封後1年以上持ってしまうような化粧品になるとパラベンフリーというのは難しくなってきます。それにフェノキシエタノールの配合量を上げ、ある程度防腐力を持たせようとしてしまうと芳香臭があるため大量には配合できずアクアヴィータのようにフェノキシ+メチルイソチアゾリノンを最低限配合し防腐力を持たせたりしています。

アクアヴィータだから出来ましたが、シャンプー、トリートメントになると原料の数も増えてくるのでそれも難しくなりますけどね^^

要するにパラベンを配合するという事は商品を組み立てる処方技術者が一番楽なわけで、一般的にはパラベンじゃなくて他の防腐剤の量を多く配合すれば、と思うのですが実際にはそんな単純で簡単なものではなく商品によっては水系であったりクリーム状であったりするわけで、防腐剤の特性で水系で存在しなければならないためクリーム状の防腐剤として使う際には予めオイル分に溶けるパラベンを最初に見積もって配合するためクリーム状の商品、例えば水系のシャンプーよりもクリーム状のトリートメントのほうが同じ内容量でも防腐剤の量が増えてしまいます、要するにオイルが多く入るもののほうがパラベンはオイルに良く溶けるために配合量が増えてしまうわけです。

パティエンスの『天使シリーズ』のシャンプーである七人の天使たちの防腐剤にはフェノキシエタノールとメチルパラベンという防腐剤の組み立てですが、琥珀色の天使たちの防腐剤にはフェノキシにプロピルパラベン、メチルパラベンとやはり防腐剤の組み立てを変えています。

たかがパラベンごときに(笑)
こういう仕組みって面白いんです、紐解いていくとね^^


次にパラベンをはじめとした防腐剤を一切使わない製法という事になると、これも配合する中身によっては出来ないものも多々ありますが加熱滅菌処理。例えばたんぱく質やアミノ酸などを多く含む製品には向かない。
なぜなら加熱していくとどうしても配合しているたんぱく質が壊れて変性してしまいます。

これもすごく難しいですよね、中身は加熱処理して滅菌できても充填する容器の管理が大変でしょう?
それに容器自体も滅菌にしたり充填室を無菌室にしたり、すぐに使い切るように容器を小さくしたり・・・

ここまでやれる会社、そうはないですよね^^

ちなみにドイツに在住されているお客様に自分の使っていらっしゃる化粧品はと聞くと、
『私は自然派』との答え。全成分表示を送ってもらいましたが表示はエタノール。すなわちアルコール(笑)

でもこれだと自然派うたって肌が強い方しか合わないと、矛盾を感じるのは僕だけじゃないと思うけど^^

| 未分類 | 12:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トリートメントが2種類ある訳は?

エクセルパティエンスの商品の良さをを一言でお客様に伝えるには?
こんな質問がよくきますが^^

こういうケースに限って『予算的にすべての商品を使えないんです』
じゃあ無理じゃない、お客様に良いって薦めるのは^^:

シャンプー(七人の天使たち)は頭皮と髪の汚れを落とすもの。
洗い流してCMCエマルジョンペリセアーゼ、このトリートメントは髪内部の脂質の補給を目的としています。
だからペリセアーゼだけを使っても持続力が出ない^^
ペリセアーゼで髪のCMCを補ってあげれば状態は極めて変わるわけだけどそれを長時間持続させる力が無い。
ペリセアーゼだけでは弱った髪の強度まではデータとして上がらない。

これでは髪を修復したっていえないんだよね。
一時的に失った脂肪酸やコレステロールなどで手触りが改善する、でもそれを持続させなければと当然考えるでしょ?トリートメント後髪を強くさせたいってね^^

もちろん強度という意味では高分子のケラチンやキトサンで髪を覆ってあげてその隙間にそれぞれ違う誘導体(PPT)をチョイスして美容師さんには使って欲しい。そんな考えの元、商品を作ってます。

だからもっと良いものって考えて作ったから今のラインナップになったわけでいらないものは僕から言わせていただくと何もないわけ^^
商品買ってもらってこんな事普通言っちゃいけないんだけど、今日はあえて言わせていただきますね^^


でも取引先のホームページやオーナーさんのブログなんか見ても『CMCペリセアーゼ』はすばらしい、今まで使ってきたトリートメントでこの類のものはないので導入しましたって紹介されてもあんまり嬉しくないんだよね。
なぜかというと琥珀色の天使はあんまり良くないって使わないから^^:

せっかく良いものって選んでいただいてもなんだか僕からしたらやってる事が無駄になってるんじゃないかって?
導入サロンさんにはなぜトリートメントが2つあるのかなるべく説明させていただいてるんだけどタイプがまったく違うの。ペリセアーゼは内部の構造を整えるトリートメントという位置づけ。
琥珀は外部、キューティクルの事を考えたもの。
これをどうしても一つとして考えられなかったの。っていうか一つで作れなかった^^
髪の内部の細胞と髪外部のキューティクルの細胞はまったく違う。それを一つでってやっぱり矛盾してると思ったから!


毛髪キューティクルの役目はなんて話すとまた長くなるけどキューティクルの弱った髪、それにキューティクルの無い髪にいくら栄養を付けたくても髪に残ってくれない。
だからここでテクニックを使うの^^

ケラチンをはじめPPT類でまず栄養を与えるでしょ、それを包み込むのが比較的大きな網目でキトサン。
そこにつやを出すソワキュートや後に熱処理するのでシリル誘導体など使うんだけどもっと細かい網で包みたい、キューティクルが無ければ代わりのもを与えて髪の強度を増したい。
でもキトサンだけでは物足りないって(笑)

そこで琥珀色天使なの^^
琥珀の主剤はセタノールではなく何倍も高価なHEC(ヒドロキシエチルセルロース)。
キトサンよりももっと細かい網目で覆ってるわけです。

さらに天使の涙は毛髪表面に濃~いオイルでキューティクル表面のオイルの類似として18MEAと同じ特性を持ったオレイン酸やパルミチン酸を有した植物性のオイル20種類のブレンドで仕上げる。
これでさらに補った栄養分が外に出づらくなる、そして髪が水分を抱えやすくなる。
髪の温度が低くなるって方程式。


このあとお仕上げでドライヤーやアイロンの熱が加わる。
ここまでやれば他社のトリートメントとは違うでしょ???

枝毛もなくなるわけ^^
土曜日かな、『パラベン以外の防腐剤』は^^:


ほんとに社長のひとり言(笑)

| 未分類 | 18:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パート2のPDFファイル

すみません、取引先のサロン様からもパート2のPDFファイルが見れないって前々からいわれてましたよねm(_ _)m
もしかしたらパソコン入れ替えた時削除しちゃったかもしれません。

今も他の取引先のサロン様から年末に向け再確認しようとしたらファイルが開けないって(>_<)

早急に確認したいんだけど出張先なので手元にモバイルしかなくすぐには確認できません。
また商品が良いのに上手くお客様にご提案できない。
どんなメニュー構成にしたら良いか?
もっと売上に結びつけたいなど、僕自身がもっと率先して提案していかないといけないと実感しています!

とりあえずブログしか訴えるところがなくて移動中携帯から更新。
今日もがんばろう\(^o^)/

社長のひとり言

| 未分類 | 12:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT